Seesaaブログのデザインリニューアル

essay 】 2011 / 09 / 20
 ご覧のとおり、衰弱堂雑記のデザインが新しくなりました。何か意味があるのか、といわれれば答えを持ち合わせていないのだけれど、ずっと衰弱堂雑記のデザインがしょぼいなあ、と気にはなっていたんですよ。それを言い訳にして更新しないくらいには意識していたわけです。その理由、すごく重たくないか? いやいや、しょせん言い訳ですから。
 
 そんなある日のこと。偶然Webベースのブログテンプレート作成ツール、CSSEZなるものを見つけて、Seesaaブログにも対応していたことから、「やあマイク! これならぼくにでも簡単にリニューアルできるんだ。こいつは驚きだよ!」などと思ったわけです。ところがところが……。そう現実は甘くない。ビヨンビヨンするバーみたいな器具、ドンキで買ったけどぜんぜん使ってないもんな。
 
 それはさておき。いやはや、Seesaaブログのカスタマイズはほんとうにつらいです。いくつかの理由で、CSSEZで生成したテンプレートはそのままでは動作しませんでした。
  • SeesaaブログのカスタマイズはHTMLテンプレート、CSSの他に、HTMLからヘッダ、フッタ、記事、サイドカラムのコンテンツ要素などを、独自記法を用いたHTMLベースのスクリプトで記述する必要がある。
  • このため、カスタマイズにあたっては例えばメインのコンテンツエリアでは、ひな形になるサイト全体のHTMLテンプレート、CSS、記事のコンテンツ要素の出力をトップページ、記事ページカテゴリ別、過去ログなどに合わせて整形するスクリプト、この3つのファイルを確認して整合性を取る必要がありものすごく手間がかかる。
  • 上記の構造による理由から、ローカル環境でのデザインチェックは無理。別々のサブメニューに格納された3つのファイルを実環境でアップデートをかけては目視するか生成されたソースを取って、おかしい箇所を修正していくしかない……。
  • そもそもリニューアル前の衰弱堂雑記のテンプレートがつぎはぎでカスタマイズされていた上、新たにタイトルをh2要素に指定しようとした(デフォルトでは日付がh2に指定されていた)り、ページナビゲーションをナビゲーションエリアを新設して入れ込もうとした(断念)ことで、CSSEZが出力したSeesaaブログ向けテンプレートも大きく修正せざるを得なくなった。
  • フッタをカスタマイズしてカテゴリー一覧を表示しようとしたところ、スクリプトに制限があるらしく呼び出し不能のエラーが出た。サイト内検索の検索結果画面で、エントリのカテゴリ表示を入れようとしたところ、これも呼び出し不能のエラー。
  • そもそも、以前は2カラムのデザインだったものをメイン+右2カラムの3カラムに変更したものの、どうも3カラムは時代遅れっぽい、と思い右サイド1カラムの2カラムデザインに変更することにした。するとCSSの指定がおかしくて右カラムが下に落ちた。笑い。divタグのネスティング地獄を追うのはほんとうにつらい。これを仕事にされている方、尊敬の念を新たにいたしました。
 続きを読む



タグ: design

Comment(0) | TrackBack(0) | essay

WM6と別れ、Xperia X10(NTT docomo SO-01B)と暮らして8ヶ月あまりが経ちました

mobile 】 2011 / 08 / 28
 実は最近、picplzという、スマートフォンで撮った写真にフィルタをかけてアップロード・共有するサービスを使っていて、いんちきくさいタイトルの写真をアップしてはTwitterのタイムラインを怪しげな単語でよごしているわけだけれども(あと、Tumblrの衰弱堂覚書というサイトに転送される)、ここでぼくはやはりお詫びをしないわけにはいかないのだろうか。

 すみません、もうT-01Aは全く使ってなくて、いまは中古で購入したSony Ericsson Xperia X10(NTT docomo SO-01B)を使っているんですよ。あと勝手にTumblrとかはじめてこっそり更新してました。だまっててごめんなさい。

 ごめんなさい。
 ごめんなさい。
 ごめんなさい。
 ごめんなさい。
 ごめんなさい。
 ごめんなさい。
 ごめんなさい。
 ごめんなさい。
 ごめんなさい。
 ごめんなさい。

 えーっと、子供の頃10回書け、とかなかったでしたっけ? お詫び終了。で、Xperia購入前後の話もすでにTumblrにさくっと書いているんですが、もう一度ここでまとめます。中身ほとんど変わってない気もするけど。ほら、どうせTumblrとか誰も読んでないでしょ、OKOK。
続きを読む



Comment(0) | TrackBack(0) | mobile

ぼくが思わず星を打ち続けた23人と、そしてもう一人

network 】 2011 / 08 / 27
 気がつけばずいぶん長い間Twitterを使っているものだなあ、などと思ったのだが、今日のTwilogで確認してみれば2008/05/18開始で、Twitter歴1197日と出た。たぶん開始当初はほとんど面白さに気づいていなかったからほとんど動きはなかったと思う。

 その後、流速を増すタイムラインを制御しようとfollow数を50人に収めようとし、100人に収めようとし、150人に収めようとし、200人に収めようとし、200人を超えたあたりでタガがはずれて思いのままにfollow/unfollowを繰り返して今気がつけば1200日というわけだ。

 ところで他の人がどうかは知らないが、ぼくは誰かをfollowするときにいくつかの判断軸がある。ひとつはビジネス的にその人・企業の考えを押さえておきたいというとき。これはほとんど無条件にfollowする。もうひとつはタイムライン上、もしくはfollowしてきてくれた人で直近のタイムラインの発言が自分の興味のある分野に一致しているとき。これはfollowする場合、Listに入れる場合、そのまま何もしない場合にわかれる。

 これは要するに、そのTwitter IDの人を事前に知っているか、まったく知らないか、ということなんだと思う。そして後者の、知らない人に出会ったとき、ぼくはプロフィールを読み、直近のツイートを読み、さらにその人が過去にどんなツイートをFavoritesに入れているかを見る。お気に入りに入れているツイートが、自分のセンスとずれがないと感じるときは、その人をfollowすると得るものが多い。

 そもそも、ぼくは他の人よりもずっとfavoriteを押していると思う。他の誰かにとって重要だと思うことはリツイートする。けれど、何よりもまずぼくにとって重要だと思ったら、ぼくはあの星を押している。リンクをひとつクリックすることに、大した手間はない。けれど、ぼくは自分が書いたりブックマークした何かに星がつけられるたびに、誰かの役に立ったんだな、と感じる。

  今日誰かが投げたツイートは、少なくとも、ぼくにとっては有益だったということを伝えること。それは伝わっていないのかもしれないけれど、その人が明日また何かを語ろうとするときにささやかな助けになるかもしれない。だからぼくは今日も星を打ち続ける。

  と、そこまで考えて、「じゃあ、実際のとこ誰にどのくらいfavoriteつけたの?」というのが気になりだした。そこで、登録していたTwitterの無料バックアップツールTweetstreamからエクスポートしたfavoritesツイートを集計してみることにした。

 取得できたデータは

  • 期間:2011/3/21〜2011/8/21
  • favoriteツイート数:1027ツイート
  • 発言アカウント数:404アカウント

  今日現在でぼくがfollowしているのが745アカウント。followしていない人にもfavoriteを押しているケースが若干あったと思う。とまれ、ぼくにfollowされている人の間違いなく半分以上はfavoriteを押されている。もはやこれは押し付けられているというべきなのか?!

 逆に、それだけの人がこのどうでもいい衰弱堂のタイムラインを満たしてくれているというべきなのだろう。

 そんな中でも特にぼくが星を打ち続けた23人を以下簡単に紹介してみる。

続きを読む



Comment(0) | TrackBack(0) | network

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。