失われた時(Euro2004 Group D:Neitherlands - Czech Republic)

sports 】 2004 / 06 / 20
1998年のフランスW杯、若さゆえに今ひとつ見せ場をつくれない中田英寿と得点への意志を見て取ることのできない貧弱なゲームプランで絵に描いたような無力な敗戦を量産して敗れ去った日本よりも、ぼくはオランダのサッカーに夢中だった。当時の掲示板の書き込みを読み返してみると、最終ラインの大胆な押し上げ、中盤でのすばやいパスワークからフリースペースを作り出すクリエイティビティ、ペナルティエリア内で繰り出される死角へのフリーパス、といった言葉を並べている。

オランダの試合がもっと見たかった。しかし、2002年日韓W杯出場国に、オランダの名前はなかった。ぼくの2002年W杯は、ある意味で本番を迎える前にすでに半分ほど終わっていたわけだ。そしてEuro2004に、ひさしぶりにオランダの名前を見つけた。ダービッツ、クライファート、あの頃の名前がまだ残っている。オーフェルマルスもだ!

続きを読む



タグ: Football

Comment(0) | TrackBack(0) | sports

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。