「Web解析Hacks」は1枚の図だけ見ればいい

marketing 】 2007 / 08 / 04
やたらと書きまくっている第3回 Web マーケティング ROI Dayつながりの話ですが、エリック・ピーターソンの「Web解析Hacks」(オライリー・ジャパン)は会場でも販売されていたので購入された方も多いかと思います。が、正直言ってこの本、マーケターが精読するようなものじゃないです。非常にテクニカルな話が大半なので読んでるうちにうんざりしてくると思いますし。

ただし、本書の中の1枚の図だけはきっちりと理解すべきです。ということはぼくがここでその図を引用してしまうと本が売れなくなってしまうのか? そんなことはないか。笑い。

続きを読む



Comment(0) | TrackBack(0) | marketing

エリック・ピーターソン「Web解析の神話を暴く」〜プロセス志向でもっと利益をあげるWeb解析〜

marketing 】 2007 / 08 / 03
2日続けて第3回 Web マーケティング ROI Day関連の話で、しらたきファンのみなさま申し訳ございません。あ、最近しらたきに挑んでないな。レトルトカレーをかけるのも結構おいしいですよ。

閑話休題。

エリック・ピーターソンのキーノートスピーチ「Web解析の神話を暴く」〜プロセス志向でもっと利益をあげるWeb解析〜は個人的に色々と考えさせられるところが多かったので、さらにエントリーを起こしておきます。えーっと、タイトルは演題をそのまま流用してますが、はっきりいって、エリックのスピーチの内容とはほとんど関係ありません。笑い。(エリックのスピーチ内容についてはWeb担当者Forumの池田さんの記事にまとまっていますのでこちらをご覧になるのがよいかと。)

続きを読む



Comment(0) | TrackBack(0) | marketing

第3回 Web マーケティング ROI Day

marketing 】 2007 / 08 / 01
自主研修(などと称して堂々と仕事をサボり、昼頃M社長に電話したら聞いてないぞといわれ)で朝から行って来ました、デジタルフォレスト主催の第3回 Web マーケティング ROI Day。会場は有楽町の東京国際フォーラム

キーノートスピーチが「Web解析Hacks」(オライリー・ジャパン)の著者、エリック・T・ピーターソン(別にトヨタ2000GTには乗ってないと思う)というのを見て、すぐに事前申し込みしていました。9時50分くらいの受付でカードホルダーのバーコードIDが5000番台、午後のセッションからの参加の方も多かったと思うのでおそらく7000人は集めたのでは? なぜかたまたま知人がデジタルフォレストに転職してキーノート2のモデレータとして登場したのでびっくりして挨拶しにいったところ、事前申し込みはとてつもない数だったよう(一応伏せる)で、WebサイトのROIなんてテーマでもこんなに人が集まる時代になったのだなあとちょっとしみじみ。越後屋さんはいたのかしらん。

続きを読む



Comment(2) | TrackBack(1) | marketing

分けることとつなげること

marketing 】 2007 / 07 / 21
以前、武永昭光「伊勢丹だけがなぜ売れるのか」(かんき出版)という本を紹介したが、読まれた方はいますか? いないだろうな。

この本では「商品分類が全て」ということを百貨店の現場の例を引きながら強調している。そしてこの商品分類のレベルが、凡百のWebインテグレータでは真似のできないレベルなわけです。

商品分類というのは、切り口をいくつ見つけられるか、ということ。商品の一般的な分類、メーカ品かプライベートブランドか、商品の色やサイズ、使われるシーン、その商品と合わせて使われる商品、対象とするユーザセグメント、定番品かそうでないか、売れ筋か補完的な商品か、などなど。

ここには、Webアーキテクトがまず考えるべき枠組みが含まれているからこそ、ぼくはこの本をWebの仕事に関わる人にも読んで欲しいと思ったんです。
続きを読む



タグ: 情報設計  webサイト  Book  IA  marketing

Comment(0) | TrackBack(0) | marketing

ページビューなんてすでに無意味になっている、けれども。

marketing 】 2007 / 07 / 01
企業Webサイトのアクセスログ分析の基本設計をやる機会が何度かあり、そういった話になると天の声でぼくのところに話が降りてくるわけですが、HotWeb Magazineの(どうでもいいがタイトルタグの表記とタイトル画像の表記が異なるのが気になる)「ページビューが意味の無い日が近々やってくる」を流し読みしていて、正直もうページビュー(PV)が意味なしなんて分析する本人はだいたいわかってるよな、とも思うわけです。Webサイトの媒体価値に基づいて広告収入をあげようというビジネスモデルに関わらない、ごく普通の企業Webサイトの場合ならば。

メディア系のWebサイトの場合は、結局この話ってマス広告の世界で言うGRPがほんとに意味あるの? みたいなところなんでしょうね。とかいいつつGRPちゃんと理解してませんが。自分、不器用ですからマスはわかりません。笑い。

ところが、クライアント側の担当者的に、PV欲しがるんですよ。これ、なぜかというと社内で一番説明しやすい数字だから。

続きを読む



Comment(7) | TrackBack(0) | marketing

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。