Webだけでいいんですか?/【漫談】怪しいマーケター衰弱堂 余話

marketing 】 2009 / 09 / 05
 ぼくはいま、たぶん少しの後ろめたさと自己弁護の気持ちからこのネタに取り組もうとしている。動機は不純だし、身分は怪しい。

 で、タイトルを「衰弱堂」にすべきなのか「衰弱瞳」にすべきなのか5分悩んだ。後者はあまりにネタとしてわかりにくい上に、一人称の表記をどうしたらいいのかわからなくなったのでやめた。苦笑。

 非常に回りくどいところから書きはじめているのだが、これを書き始めるまでの経緯もぼくなりに回りくどくはあるわけで、そのあたりはそういうものなのだと思っていただきたい。

 そもそもは「リアルアクセス解析」の小川さんがtwitterにはてブのマルチポストで投げたつぶやきを見て、Web担当者Forum「PVだけでいいんですか?/【漫画】Webマーケッター瞳 第1話」という記事を読んだのがはじまりだった、と。

 小川さんは「読んでいて恥ずかしい気分になるのは何故だろう(汗)。でもおもしろいので今後に期待!」とコメントしているのだけれど、ぼくはそれを個人的に提案を受ける側だからなのかな、と思いました。
 そして、この漫画で主人公として描かれている、提案する側で仕事をしているぼくとしては、「正直、Webコンサルティングがみんなこんな低レベルな仕事をしていると思われたらかなわないよ」というやりきれなさを感じたわけです。

 その勢いだけで当該記事のはてなブックマークに、
SuiJackDo [*WebAnalytics], [*ネタ], [これは微妙] プロポーザルのための事前調査もろくにせず、単純なビジネスプロセスも理解できずクライアントの言いなり。正直、こんなレベルでマーケターだのコンサルタントを名乗るとかありえない、としか……。
と殴り書いてみた、と。実に生産性がないことこの上ないといわれればまあそうですが。

 まあ、話はそこで終わったものだったはずなんですが、昨日これまたtwitterにて「Insight for WebAnalytics」衣袋さんのつぶやきムラカミ カヨさんという方が「Webアナリスト養成講座」の書評を書かれていると知って、衣袋さんの記事を見てみたら末尾に
知らなかったが、ムラカミさんは、ウェブ担当者フォーラムの「【漫画】Webマーケッター瞳」の原案、監修やっている。
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2009/08/28/6324/

Insight for WebAnalytics: ムラカミ カヨさんが「Webアナリスト養成講座」の書評を書いてます
とあるではないか。むむむ……。そしてムラカミ カヨさんの「『Webマーケッター瞳』出足の評判」という記事についにたどりついてしまったわけです。
昨日から公開されましたが、なんだかんだいっても評判って気になりますね。あくまで感覚値ですが、現在私がわかっている範囲では8割は○で2割は×ってとこでしょうか。手前味噌ですが、比較的上々だと思います。

はてぶなどを見ると予想通りの突っ込みもあり、思わず苦笑してしまうコメントもありました。

「Webマーケッター瞳」出足の評判: 〜最後に笑う者〜by ムラカミ カヨ
 そうか……読まれてしまうものなのだなあ。なんだろうこの居心地の悪さは。昔、ゲームセンターでバーチャファイター2に熱中して1時間ほど続けてプレイした後に、何か間接的に暴力を振るったかのような後味の悪さに襲われたときと似ているような気がしなくもない。結果的にぼくはある意味でムラカミさんを面罵したような構図を描いてしまっているわけである。

 うーん、ムラカミさん、不快に思われたようでしたらごめんなさい。

 ただ、ぼくはあのコメントを削除する気はあまりなかったりするわけです。ムラカミさん個人に対して批判を加えているつもりもありませんし。たぶん、三立瞳さんがぼくの職場にいたら、やはり「コンサルタントを名乗るからにはもっと真剣に仕事してくれ」というと思います。が、かわいいので許してしまいそうな気もするな。駄目じゃん。苦笑。

 漫画という形で展開していく以上、作画の都合や編集の意向その他多くの制約はあり、相応のデフォルメがかかるのも当然でしょう。まず対立構造を作る、というのもあらゆるストーリーテリングの基本で、次回に向けて読者の興味を惹きつけるという点では成功していると思います。

 でまあ、そんなこんなであれこれ思いを巡らすうちに、「じゃあ、お前ならどうやるわけよ?」という内なる声が聞こえてきたわけです。衰弱堂! だめだ! それは何か邪悪なものだぞ! 耳を貸すんじゃない! いやいや、逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ……。

 そんなわけで、以下、怪しいマーケター衰弱堂による漫談をお届けいたします。お読みになる前にまずはWeb担当者Forum「PVだけでいいんですか?/【漫画】Webマーケッター瞳 第1話」にて予習をすませるように。
 ちなみにこちらは後出しなので圧倒的に有利になっているはずです。元ネタと比較されたい向きにはその点留意いただくべきかと。


続きを読む



Comment(0) | TrackBack(0) | marketing

アクセス解析イニシアチブ(a2i)の標準化分科会に参加します

marketing 】 2009 / 08 / 16
 この話は書いちゃってもいいのかなあ、と思いつつ、ネタがないのとスタンドプレイで勢いで書いてます。

 「昨夜、渋谷フットボールタワーで」というエントリーで発足記念交流会の模様を紹介したアクセス解析イニシアチブ(a2i)。代表を務めるアユダンテ大内さんが職場的に色々とご縁のある方で、ぜひ法人会員に、との慫慂を受けていたのですが、職場のメンバーでこの分野に興味を持つ人が少なくてメリットを活かしきれず躊躇。個人無料会員としてメールマガジンを読んでおりました。この個人無料会員にも届くメールマガジンだけでも十分有益だと思いますので、アクセス解析、WebAnalyticsに興味のある方はメンバー登録をおすすめします。先日のもので、大内さんが巻頭に掲載した「『よそ見をしないユーザー』について」などは考えさせられることの多い一編でした。

 で、先月のこと。副代表を務める「ネット視聴率白書 2008-2009」(翔泳社) ── この本、興味ある部分を拾い読みして面白いだけじゃなく実はクライアント向けの初期提案資料の作成時にも役立ちます。最新版を強く希望 ── や一部界隈で話題のアビナッシュ・コーシック「Webアナリスト養成講座(原題は"Web Analytics: AN HOUR A DAY")」(衣袋宏美・監訳、内藤貴志・訳、翔泳社)などの著訳書でも知られる衣袋さんより表題の分科会開催のお知らせがメールマガジンに入っていたわけです。

 あー、これは参加だなあ、と一人決め、衣袋さんにメールで参加表明したところ「有料個人会員のみとさせていただいております」とのこと。これも何かの縁なのだろうと会費を振り込みました。が、特に会員証とか会員バッチとかポケモンとかはゲットしていないのであまり実感はないのですが。


続きを読む



Comment(0) | TrackBack(0) | marketing

キーエンスがジャストシステムを傘下に

marketing 】 2009 / 04 / 05
2年近く前、ぼくは「Googleが不滅を迎えるとき」というエントリでGoogleによるジャストシステムの買収もしくは包括的業務提携の可能性について書きました。
日本、そして中国、この巨大な市場に対し彼らはこのまま手を打たずにいるのでしょうか?

ぼくはそうは思いません。Googleはこのハードルを越えるためにおそらく、ある企業の買収もしくは日本語関連技術のライセンス供与を含む包括的な業務提携をすでに念頭に置いているんじゃないかと邪推しています。ある企業って? そうジャストシステムです。

ジャストシステムはMicrosoftとのオフィススイートのデファクトスタンダードを巡る激しい争いに敗れ、一太郎とATOKを市場に供給しつつも、独自に積み上げてきた日本語処理技術をベースにしたConceptBaseや統合XMLアプリケーション開発・実行環境を実現するXfyのようなエンタープライズ向け製品に活路を見出そうとしています。特にXfyについては国内外で積極的な展開を図るべく、2006年10月にIBMと包括的な協業契約を締結するなど、新たな成長路線の基盤をここに置いているようです。しかし時価総額は232億円、Googleからすれば小遣い銭同然(ほんとかよ。笑い)。創業者夫妻と常務で持ち株の過半数を占めており、お互いに納得できる形を築ければジャストシステムがGoogleの傘下に入るというのはありえない話じゃないんじゃないかと。

衰弱堂雑記:Googleが不滅を迎えるとき
しかし、キーエンスの傘下に入るというのはまったく想定外。苦笑。

報道は各社ともほぼ同様の内容。ロイターより。
[東京 3日 ロイター] ジャストシステム(4686.Q: 株価, ニュース, レポート)は3日、キーエンス(6861.T: 株価, ニュース, レポート)に第三者割当増資を行い約45億円を調達すると発表した。両社は資本・業務提携を結ぶことで合意した。

 ジャストシステムは、データベース用コンピュータ言語の「XML」を使ったドキュメント作成・編集を可能にする開発言語「xfy」に経営資源を投入してきたが、当初見込んでいたような急速な市場の立ち上がりとはならかった。08年3月期まで3期連続で赤字が続いたため経営体質の改善を図り、一時は軌道に乗り始めたものの、昨年秋以降の景気の冷え込みで受注が大きく落ち込んだという。09年3月期も大幅な赤字になる見通しであり、資金繰りも苦しくなってきたため、キーエンスとの資本・業務提携で打開を図る。

 普通株2823万4300株を1株当たり160円で発行し、約44億9600万円を調達する。調達資金は運転資金や借入金の返済に充当する。払込日は4月20日。キーエンスは43.96%を保有する筆頭株主となる。
 (ロイター日本語ニュース 伊賀 大記記者)

ロイター:UPDATE1: ジャストシステム<4686.Q>、キーエンス<6861.T>に第三者割当増資
約44%を約45億円で取得、とのことなので時価総額は100億相当の評価ということになるんでしょうか。2年前の半値以下。

Xfy事業の見込みちがいはとにかく度外れていて、2008年3月期決算の事業戦略説明会資料を見ると、売上は1億7千万で対計画比10%の惨敗。これが2009年3月では36億から40億見込みという、狸どころか捕らぬマンモスの皮算用。が、マンモスは見つからなかったようで北米の営業拠点の閉鎖をはじめとする海外事業の縮小など撤退戦がはじまるもののゴーイングコンサーンに注記がついて風前の灯。Imagine that no ATOK。それは困るなあ、というところに現れたキーエンスさん、まじかっこいいっす。

それにしても、なんでキーエンス?

続きを読む



タグ: business  marketing

Comment(1) | TrackBack(0) | marketing

間口と奥行

marketing 】 2009 / 04 / 02
久しぶりに[marketing]のカテゴリで書こうとしているけれど、あまり役に立つ話ではない。今日も今日とて煮えきらずに周縁からアプローチする衰弱堂節にご期待されている向き以外は戻るボタンを押してください。笑い。

Google Analyticsを入れてはいるものの、あまり考えずに使っているのでちょっと機能を確認しながら雑記のレポートをつらつらと眺めていたのだけれど、流入元を見たらあまりにも異常で驚いた。

2/1から3/31の1470セッションのうち検索エンジン経由は1222セッション(83.13%)。そのほとんどがgoogle経由なのだが、Yahoo!経由がなんと8セッションしかない。いくらなんでも少なすぎないか。実はindexされてないんじゃなかろうかと思い、久しぶりにサイトエクスプローラーを確認してみると、いちおう拾ってくれてはいるようだ。しかしながら、ブログ検索の結果がどうにも芳しくない。あれですかね、このあたりでYahoo!JAPANのサービスをこきおろしたのがいけなかったのかしら。

続きを読む



タグ: WebAnalytics  Contents  IA

Comment(2) | TrackBack(0) | marketing

Webアクセス解析の疑問を煙に巻く25のTIPS(14〜25)

marketing 】 2008 / 08 / 24
(承前)

前のエントリで半分やってみて力尽きてなんだかどうでもよくなってしまったが、気持ち悪いので残りも。

一通りやってみて思ったのは割と技術的な部分やスタンダードに引っかかっている人が多いのかな、ということ。その辺はとりあえずはGoogle Analysticsに投げてしまって、自分が管理しているWebサイトのAsIsとToBeを明確にした上でそれがどういうアクションとして現れるか、そのアクションがどう数値化されるかを考えるとよいのではないかと。見るべき数値は最小限にしたほうがよいです。

元記事はです。煙に巻いてないTIPSが必要なあなたはあんけいさんのも参照。

続きを読む



Comment(0) | TrackBack(0) | marketing

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。