MH WAY, MY WAY

item 】 2007 / 09 / 07
やってしまった……。

以前、デキる男を演出する小道具?というエントリーで、MH WAYBuccia BC4を愛用している話は書きました。

その後、実は密かにSoft ST4の恐らく旧型のものとかを入手、さらにはDolce DE34も入手して使っています。

もうかばんは有り余るほど持っているんですよ。
自分でもそんなことはわかってるんですよ。

ヤフオクで1週間の間に3つもMH WAYのかばんを落札してました。締めて1万3千円ほど。苦笑。ちょっと小型のBuccia BC2の赤、もうMH WAYの公式サイトにはない、MOVIM MV7という黒いナイロンのブリーフケース、そしてもう1つはまだ手元に来ていない薄めの萌黄色のような、中仕切りの多いブリーフケース。だめだ、病気ですもはや。MH WAYとあるだけでもう止まらない。

しかもMH WAYのかばんの使いやすいはあまり知られていないのであまり競り合いにならず、開始価格が安いと安く落札できたりするのがうれしかったりとか。

そんなわけで、MH WAYのかばんをヤフオクで落札するのは衰弱の数少ない楽しみですのでみなさまはどうかLOFTか伊東屋にて新品をお買い上げいただきたく……。で、飽きたら安くヤフオクに出品していただきたく。微笑。





タグ: design  Gadget

Comment(0) | TrackBack(0) | item

Kazuo Kawasaki Ph.D.「MP-690」

item 】 2007 / 06 / 17
日本を代表するインダストリアルデザイナーの一人、川崎和男。ぼくの家には彼のデザインによる初代のINTERTop model20がある。波打ったシルバーの天板が美しくA5ジャストサイズで非常に軽量。バッテリはデジタルハンディビデオやThinkPad235などで使われていたかまぼこ型の比較的入手が容易なもの。惜しむらくはMS-DOSマシンで独自のタッチパネルをサポートするOSがほかにないこと。いまとなっては微妙に使い道がないわけで、このパッケージでもう一度超小型PCにチャレンジして欲しいものなのだけれど。

医学博士号を持つ異色のデザイナーである彼の代表作のひとつが増永眼鏡から発売されているKazuo Kawasaki Ph.D.というブランドのめがねフレーム。ラインナップの中でも特に様々な賞に輝いたMP-690(AssistOnのサイトにその辺りが詳述されている)がYahoo!Shoppingを見ていたらイア&アイというショップで14700円で売られているのを見つけてついつい購入。





Golden Time by KAZUO KAWASAKI
 多くのデザイナーが腕時計のデザインを手がけているが、川崎和男もまたNUTS COLLECTIONから「Golden Time」という腕時計を世に送り出している。ミラーゴールドを使いながら品格を保ち、ゴールドの文字盤の上に浮かぶホワイトの時針と分針は時の上を漂う。

続きを読む



タグ: Gadget  design

Comment(6) | TrackBack(0) | item

デキる男を演出する小道具?

item 】 2007 / 05 / 20
最近雑誌はあまり読まないのだが、「RealDesign」(エイ出版社、リンク先は編集部のblog)はこれまでの「デキる男を演出する小道具」紹介系の雑誌と比べ、モノ自体の持つ思想やその作り出される現場まで踏み込んでいたり、思いもかけぬアイテムを含んだカテゴライズ、デザインをする側の机上の紹介など多様な切り口が興味深く、毎号比較的購入している。最新号はプレゼントの特集で、送る相手がいるわけでもなく、興味がもてずスルーしましたが。

続きを読む



タグ: design  Gadget

Comment(3) | TrackBack(0) | item

蘇るSOLO

item 】 2007 / 05 / 19
Seesaa ブログのアクセス解析を見ると、割とAntecの「SOLO」や「P150」で検索をしてお越しの方がいらっしゃるようなのでもう少し書いてみます。


   
 


5/9のエントリーで書いたようにいきなり沈黙したSOLOをまとう我がメインマシン。結局先週の日曜日に秋葉原に買い出しに行き、復活を遂げております。神田明神のお祭りだかで神輿やら法被姿の大人子供やらでにぎわう中、お値打ち品をぎらついた目で探す衰弱堂。罰当たりというかなんというか。続きを読む



タグ: PC

Comment(0) | TrackBack(0) | item

完成そして陥穽やがて閑静

item 】 2007 / 05 / 09
5月4日のエントリでも書いたように、我がメインPCはAntecのSOLOをおごりWinXPを搭載して新たに生まれ変わったのだが、

続きを読む



タグ: PC

Comment(4) | TrackBack(0) | item

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。