[T-01A]MortScriptとWifiCtrl0.5でBT+パケット通信をセットアップ(無保証)

mobile 】 2009 / 08 / 19
 盆休み明けの衰弱堂の職場にiPhone3GS購入者(au携帯との2台持ち)が出現。「おやおや、ニセT-01Aじゃないですか」、「そっちがニセiPhoneでしょ!」と不毛な会話に花咲く昨今、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 このニセiPhone呼ばわりされた我がT-01A、だんだんとカスタマイズも進み、こんな風になってます。

T-01AでiFonz

 んー画面キャプチャするとほとんど違いわからないぞ。やりすぎだよ……。

 この間もっぱらMusicプレイヤーとしてBTレシーバにインイヤーヘッドフォンをつないで使用することが多かったのですが、PockeTwitがなかなかよいソフトでちょっとtwitter使ってみたいな、とか思うシーンが増えてきたわけです。
 そこで巷で話題の「まったり開発日誌」のembossさん作、WifiCtrlを使って、パケット通信とBTヘッドフォンの共存を目論みはじめました。


続きを読む



タグ: T-01A  Windows Mobile

Comment(0) | TrackBack(0) | mobile

docomo PRO series 東芝T-01A(TG01)

mobile 】 2009 / 08 / 10
 12年使い続けたPHSから携帯電話に移行するまでの話は「I≠PHS」で書いた。どなたかが2chのウィルコム総合スレにURLを紹介してくれたせいでp2経由のアクセスが多くてちょっとびびった。「別れたあとに元カノのことをボロクソに言うタイプ」とのコメントが寄せられていたのだけれど、別れる前からボロクソに言ってたんですけれどもね。苦笑。

 ぼくにとって、DDIポケット〜ウィルコムは常に最先端のサービスを提供するブランドだったわけです。Air H"あたりのデータ通信の優位性を他社がキャッチアップして時代遅れの通信速度になったあとも、スマートフォン市場を切り開いて常に新しい提案を続けてきたウィルコムというブランドが「挑戦者」としてのイメージを失いつつあることはいまでも非常に残念に思っています。一般の人が食いつく「ウィルコム間の通話定額」とかは、しょせんぼくには縁のない話だったんですよ。ボロクソに言える別れた元カノも今カノもいないんだよ。あー、秋モデルには期待しております。微笑。

 さて、そんなロイヤルティやら未練みたいなものやらを振り切って、勢いで買い換えてしまったT-01A。購入から3週間ほど過ぎてしまいましたがここでいったんまとめを。

続きを読む



タグ: T-01A  Windows Mobile

Comment(0) | TrackBack(0) | mobile

I≠PHS

mobile 】 2009 / 08 / 09
 以前、「ウィルコムが俺にもっと喘げと囁いている」というエントリーで東芝製のウィルコム端末「WILLCOM NS」をぼろくそに叩いて、ウィルコム社員ブログの記事へのトラックバックを華麗にスルーされた衰弱堂。

 気がつけば、12年ほど使い続けたPHSに別れを告げ、docomoの東芝製スマートフォン、T-01Aに乗り換えていたのでした。この間の心の揺れと最終的に決断した理由を。長くなりそうな使用後のレビューなどは別途改めて。

 続きを読む



タグ: Willcom  PHS

Comment(0) | TrackBack(0) | mobile

ウィルコムが俺にもっと喘げと囁いている

mobile 】 2009 / 04 / 17
正直、これはもう誰が書いても結論は同じなんじゃないかと思うし、実際CNETの記事経由でたどりついたkiron808さんの「温故知新過ぎる「WILLCOM NS」に思う」を読んでも、もはや付け加えるところもそんなになさそうなのだけれど、世の中のiPhone押せ押せな流れに逆らってClieを称揚してみたりもしたPHS一筋の衰弱堂(Advanced W-ZERO3[es]ユーザ)としてもやっぱり憤懣をぶちまけておくべきなんだろうか。きっとそうだ。

なんのことだかわからない向きにざっと紹介。
 ウィルコムは4月15日、携帯用ネットワークデバイス「WILLCOM NS」を発表した。「文房具のようにネットを持ち歩く」をコンセプトに、システム手帳に挟める形状にしたインターネット専用端末だ。4月24日に発売する。

 東芝製で、ディスプレイは4.1インチWVGA液晶(衰弱注:800×480ドット)を搭載。厚みは11mmに抑え、1530mAhの大容量バッテリーを搭載してW-SIM利用時には6時間、Wi-Fi(IEEE802.11b/g)利用時には4時間の連続駆動ができるようにした。型番はWS026Tとなる。OSはWindows CEを採用した。重さは約160g。microSDHCスロットとmicroUSB充電口を備えている。

 ウィルコム、手帳に挟んで使う“ネットワーク文房具”「WILLCOM NS」発表(CNET Japan モバイルチャンネル)
この機種、一見すると「おっ!」と思うんですよ。ところが

・通話不能
・組み込みのWindowsCEでアプリケーションのインストール不可
 (jigletなるJavaアプレットによる機能追加はあるが既存のjigletは非対応)
・日本語変換はMS-IME
・USBホスト機能がなくBluetooth非搭載で外付けキーボード使用不可
・11mmは薄いけど、衰弱のシステム手帳のリングは16mmだよ。笑い。

……何に使うんだ、これ?

続きを読む



タグ: Willcom  PHS

Comment(3) | TrackBack(0) | mobile

Clieという失われた奇跡

mobile 】 2008 / 08 / 10
実は生まれてこの方携帯電話を所有したことがない。今も手元にあるのはPHS。社会に叩き出されたときに、いらないな、と独り決めしたものが2つある。自動車の免許と携帯電話だ。ぼくは本屋と古書店がない場所では生きていけない。いまやamazonもネットの古書店もあるけれど、やはりだめだ。そして、そうした場所で生きていく分には、自動車がなくても、PHSでも特に困らない。

それでも何度か携帯電話を買おうかと思ったことはあって、1つはNTT docomoのFOMA900シリーズが出たときのF900i、もう1つはauのINFOBAR2。両方とも緑色の端末があって、なぜかそれが欲しくなる。しかし、欲しいのは結局色や形で、それを持つためにかかる費用を考え始めるとばかばかしくなって苦笑いするだけなのだけれど。

そもそも「本屋と古書店がない場所では生きていけない」ぼくは、電車の移動中でも本を読んでいるか寝ているかだから、PHSを持っていてもほとんどさわらない。会社に生存している旨連絡するのを除けば特に電話の機能も使わないし短文メールを書こうとするモチベーションもない。PHSを家や会社に置き忘れても特に困らない。持つこと自体たぶんにアリバイみたいなものなのだろう。モバイルガジェットへの偏愛はあるが、ユビキタスへの憧れは持ち合わせていないようだ。

続きを読む



タグ: PDA  Gadget

Comment(5) | TrackBack(0) | mobile

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。