衰弱堂とは誰か?

network 】 2007 / 08 / 18
ここに衰弱堂(SuiJackDo)を名乗る一人の男がいる。彼はおそらくかれこれもう5年はそう名乗りつづけている。主にインターネットの中で。そして今も衰弱堂はインターネットの中だけにいる。一度だけ、彼以外が名乗る衰弱堂を見かけたことがある。すでに姿を消したようだが。

彼が、最初に衰弱堂と名乗ったとき、そこには何もなかった。

彼が、衰弱堂を創ったんだ。奇妙な文体で小生意気なことを語り、あたかも世の中の全てを見通しているかのような口ぶりの男を。オンラインゲームに興じ、マーケティングを語り、ひたすら本を読み、「見かけよりも中身はずっと衰弱している」がキャッチフレーズの男を。

かつて彼がまだ衰弱堂じゃなかった頃、彼が誰も知らないようなささやかなWebサイトを運営していた頃、こんなことを語っていた。
ネットワークにおいて、私とは、表現しつづけることで存在する何かである。ネットワークにおいて語ることをやめた存在は、そこではもはや存在しないことと等しい。沈黙を保つものは、存在しないものとして扱ってよい。語りつづけることだけが、私を存在せしめる。

そのときはまだ、Googleも、Internet Archiveの存在も知られておらず、Web魚拓もなかった。

さまざまなWebサイトが、現れ、消えた。さまざまな存在が、現れ、消えた。そして、かつて衰弱堂が存在しなかったときからは想像できないほど、多くの人が、語り始めた。

どこか似通った名前を持つ人が、同じような言葉で、同じようなつぶやきを吐くことで、いま語ることは、ひょっとするとその主体の何をも保証しない。おそらくバルトは、こうした形での「作者の死」は、想像だにしていなかっただろう。事態は作者と読者の価値顛倒を超えて進んでいく。バルトの設定した「作者/読者」という枠組みそのものが、壊れてしまったのだから。

かつて、衰弱堂でなかった彼が語ったテーゼは、今こう書き換えられるべきなのだろう。
ネットワークにおいて、私とは、表現され、引用されつづけることで存在する何かである。ネットワークにおいて語られざる存在は、そこではもはや存在しないことと等しい。引用されざるもの、語られざるものは、存在しないものとして扱ってよい。誰かに語られつづけることだけが、私を存在せしめる。

自己が自己自身によってたつ実存的なありようの価値は、ネットワークの言葉の渦の中で今この瞬間にも希薄化しつづけている。書き、書かれること、引用し、引用されること。間主観性の中から、衰弱堂は絶えず生成されつづける存在としてのみ、存在しうるものとなったかのように思える。

彼はそうした事態を前に一瞬立ち尽くし、そして今日も陽気に与太を飛ばすのだろう。引用されざるものであることに、存在せざるものであることにおびえながら。




タグ: memory  communication  Internet

Comment(2) | TrackBack(0) | network

ソフトウェア・リリースサイクルの終焉(なんか踏んだかも)

network 】 2007 / 08 / 15
先日、「サイボウズの存在が日本のイントラネットの生産性向上を阻害している」という物騒なタイトルのエントリーを書いたところ、まったく誰にも相手にされず、サイボウズ青野の3日ボウズブログに打ったトラックバックも見事に空振りしたわけですが、なんかBuzzurl [バザール]というソーシャルブックマークサイトでブックマークいただいた上コメントを頂戴していたようです。ありがたくて涙が出そうになりました。こんな辺鄙なブログでも読んでくださる方はいらっしゃるんですね。

続きを読む



タグ: Internet  software  intranet  collaboration

Comment(0) | TrackBack(0) | network

Googleが不滅を迎えるとき

network 】 2007 / 08 / 13
Yamadaさんの*ホームページを作る人のネタ帳GoogleがGoogleを滅ぼす時というエントリーを読んでいて、ふと思った。GoogleはGoogleを滅ぼしはしないだろう。むしろ、最終的にGoogleは不滅の存在になるんじゃなかろうか? と。
現在の時間で考えると、ありえないことをこれから書くだろう。

それは数十年先の話です。
そんな先の話になんの価値があるのかという事を考えれば恐らく価値など無いという事を先に言っておきます。

時間をあまり無駄にしたくないと言う人は、この先は読むべきではありません。
と、元になったエントリーにはあるわけですが、ぼくが今から書こうとする話もまあ、そんなようなところです。

続きを読む



タグ: Internet  webservice

Comment(1) | TrackBack(0) | network

サイボウズの存在が日本のイントラネットの生産性向上を阻害している

network 】 2007 / 08 / 12
サイボウズOfficeによって日本のイントラネット普及の牽引役を担ってきたサイボウズが10周年を迎え、心機一転の新戦略とやらを発表した。

で、ITmediaの別の記事を読むと、この発表会で、ようやく2003年6月17日に発表会を行い公開された「サイボウズ Office 6」にも手が入るようだ。
 また、主力製品の1つである中小規模向けグループウェア「サイボウズ Office」の次期バージョンを今年度(2008年1月期)内に商品化することを表明。
4年かかって、ようやく次期バージョンを口にできる段階までたどりついたのか。さすがだなあ。ITmediaの表現を借りれば『国産ソフトウェアメーカの新たな息吹』を感じるね。笑い。青野慶久社長のブログのエントリにも、このバージョンアップの件は大書されてますね。
どのような方向でバージョンアップすべきか議論を重ねた結果、より「安心」して便利に使い続けていただけるように、鋭意開発を進めております。
え、キーワードが「安心」? すごい不安になってきたよ……。

続きを読む



タグ: intranet  collaboration  business

Comment(1) | TrackBack(1) | network

衰弱堂の栞

network 】 2007 / 08 / 08
いろいろと個人的な思惑もあり、はてなブックマークに登録して衰弱堂の栞として公開はじめました。気になった記事は全部ここに突っ込んで覚書つけておきます。社外常駐中のSさん、こちらをご覧ください。微笑。しかし意外にコメントつけている人は少ないんですね。

当然ながら、衰弱堂雑記の記事は積極的に拾います。拾いまくります。すでに拾いまくってます。自作自演上等。笑い。ただ、ある程度第三者的な視点を意識してコメントはつけてます。そのうち自分の記事に自分で突っ込みいれるときもくるのか……わけわかんねえな。衰弱堂2.0。笑い。



タグ: Book  webservice

Comment(0) | TrackBack(0) | network

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。