アイテムバンク、オンラインゲーム内アイテムの取引サイト(Venture Now)

online game 】 2004 / 09 / 23
オンラインゲーム内の通貨やアイテムを現実の通貨で売買することをRMT(Real Money Trade)と呼ぶ。多くのオンラインゲームにおいては、RMTは規約において禁止されているが、実際にはオークションサイトその他の手段で行われていると聞く。もうすでに1年前の話だけれど、ISAGA2003で韓国中央大の魏晶玄助教授が韓国のゲーム内アイテム売買市場の成立を取り上げたSlash Gamesの記事を読んで、なるほどと思った記憶があります。その後、日本でも密かに立ち上げられたRMT専用サイトを見て、意外ににぎわっているなと思ったわけですが。

で、今日のVenture Nowを見ると、国内でアイテムバンクなるベンチャー企業によりこうしたサービスが出てきたという記事があったわけですね。
続きを読む



タグ: online game  business  EC

Comment(3) | TrackBack(0) | online game

GMO、オンラインゲームビジネスに参入

online game 】 2004 / 06 / 25
GMOがいきなり第2次オープンβサービス開始を7/1に控えた「コルムオンライン」の獲得をリリース



続きを読む



タグ: business  online game

Comment(0) | TrackBack(0) | online game

MMORPGはパケ・ホーダイで進化する?(ITmediaモバイル)

online game 】 2004 / 06 / 07
ITmediaモバイルの記事より。FOMA900iシリーズ向けにMMORPG「魔法学園アヴィリオン」を提供するブイシンクの担当者にインタビュー。

記事的には『パケット定額制導入により携帯電話向けMMORPGが本格化?』といったバックストーリーに沿っての取材だけれど、むしろ限られたリソースと通信環境に対するブイシンクのゲームの枠組み作りが興味を引いた。
続きを読む



タグ: Mobile  online game  MMORPG

Comment(0) | TrackBack(0) | online game

MMORPG「ストラガーデン」クローズドβテスト開始

online game 】 2004 / 04 / 16
久しぶりにクローズドβテスターに応募してまたもあっさり当選した、MMORPG「ストラガーデン」(開発:フロム・ネットワークス/ドワンゴ、パブリッシャー:サミー)が今日からクローズドβテスト開始なのでちょっと覗いてみました。

まずインストールしようとすると、インストール先を別ドライブに指定しているにもかかわらずWin2Kがインストールされているドライブの容量不足で中断。うーむ。適当にいらないファイルを削って空きを作りインストール。パッチの適用、ログイン処理もスムーズで特に混乱はない様子。3Dだが、珍しくウインドウモードをサポート。衰弱堂(男・盗賊)でキャラクターを作成し、プレイ開始。いきなり初期位置で行く手に立ちはだかるNPCと会話できず行き詰まる。笑い。右クリックですかそうですか。

画面インターフェースはそれなりに練られており明るい色彩は好印象。チュートリアルもそれなりによくできている。しかし移動してみるとややもたつきを感じる。また、クオータービューの視点切り替えがマウスのみでできない(ctrl+カーソル←→)のはかなり問題。
チュートリアルが終わると街の中心に飛ばされるが、マップスケールが理解に苦しむほど大きく、移動の遅さもあいまって外に出るまで10分ほど要する。早くも不安高まる。笑い。

戦闘はランダムエンカウントでフィールド上に敵モンスターは存在せず、街の入り口付近で人々が不気味に歩き回っている(戦闘中のPC上には「Battle!」みたいなポップアップが表示され、設定で許可しているPCについては観戦が可能)。モンスターと遭遇するとシミュレーションRPGで見られるスクエアマップが表示され、カウントダウンで移動ターン、攻撃ターンを繰り返すコマンド入力型。しかし、フィールドが4x8程度と狭く戦略性は乏しくストレスがたまるだけ(しかもパーティプレイ時には移動もままならなくなるという話)。戦闘に勝利すると経験値が加算されるが、金銭は手に入らず、消耗したHPは自然回復しない。しょうがないので体力消耗もなんのそのひたすら敵との遭遇をもとめてうろうろし、つまらないコマンドをいちいちマウスクリックで叩き込み(ショートカットキー不明)、ようやく死んで町の教会だかに飛ばされ体力回復した。しかしそこから敵のいる場所まで戻るのにまた5分。ときどき鶏肉だかを拾うが食べることはできない。これを売って金を稼げということなのか。公式サイトを見てもゲーム系ニュースサイトのタイアップ広告ページかと思うほど情報が貧弱でろくすっぽわからない。疲れたので終了。

で、改めて「サミー、MMORPG「ストラガーデン」5月28日にパッケージを発売。発表会でゲーム概要を説明」(GAME Watch)を読むと、

サミーのAM営業本部営業推進部・次長の服部浩二氏は「サミーとして初めてのMMORPGということもあり、特にサーバー周りの開発に時間がかかり、ここまでかかってしまった。3社の共通の目標として、2年間の間に国内外 (海外はアジア) で200万人の獲得を目指す」としている。


とか、

パッケージ版の発売日は5月28日で、価格は7,140円。利用料金は30日間1,050円、60日間2,000円、90日間2,800円。


とか、なんかもう稼ぐ気まんまんですね。

しかし素人目でも、あのとろくさい移動とばかくさい戦闘だけ見ればとても200万本売りきるタイトルとは思えませんが? Webサイトの作りもここ1年で見たMMORPGのそれの中では最低レベル、しかしユーザ獲得目標は最高レベルですかそうですか。まあ、みなさんキャッシュフロー的にも余裕があるのでしょうし、まずはやってみなくちゃわかりませんわな。って、そんなわけないだろ。とりあえず、今回はお疲れ様でしたということで……。

これからMMORPGをビジネスとして扱おうとしている皆様に老婆心ながら申し上げますが、機能やグラフィックの要件をつめてソフトウェアを組み立てるのは徒労だと思いますよ。もうそんなタイトルは海外からいくらでも入ってきてるわけです。まず最初にユーザのプレイ期間を1年なり2年なりと定めた上で、その間どのような体験を積み重ねさせるか、そのためにはどのような仕組み(これはサーバやクライアントのプログラムに限定されません)が必要になるのか、を徹底的に考え抜いた上でプロジェクト設計してくれないとなあ。



タグ: online game  MMORPG  review  business

Comment(1) | TrackBack(0) | online game

エキサイトがオンラインゲームのポータルサイトを開設(CNET Japan)

online game 】 2004 / 04 / 12
三菱総研の2003年3月の試算によれば、日本のオンラインゲーム市場は2002年度に300億円、2005年度には1,370億円。一人当たり18,000円(月額1,500円)として761万人ですか。一人当たり売上高はもう少し小さい気がするんだけれど、その場合1,000万人を超えますな。

カジュアルゲームに関していえば、Yahoo!ゲームハンゲームのような無料モデルがすでに存在している(ハンゲームはアバター課金モデルを採っているが、一人当たり売上は1,000円/年とかなんじゃなかろうか)ので伸びしろは小さく、MMORPGについては、主体的なクリエイティビティを発揮して延々金払いつづけるほど我慢強いゲーマーは日本にはそんなにいないと思うのだが。

そんな中、昨年いきなりプリストンテールのパブリッシャーになりさらにはNTTがβサービスを展開していたシールオンラインをぶんどってきたエキサイトが今年もやる気まんまん。今度はアバター+カジュアルゲーム+バーチャル出会い系ですか。CNET Japanの記事によると、

Creamsodaで提供される第1弾のゲームは、男女の出会いを提供するゲーム「パフェカフェ」だ。アバターを使い、ビンゴゲームや早押しクイズなどを楽しんだ後、フィーリングカップルゲームを行う。獲得した賞品をプレゼント交換に使ったり、カップルになった同士でチャットを楽しんだりできるなど、男女の出会いを重点に置いたもの。


クリームソーダ、覗いてみたらパフェカフェのオンライン10人とかでいきなり寒かったんですが。なんかトップページのデフォルトのアバターは下着ギャルだし。

もうね、はっきりいって現実的な枠組みをオンラインゲームにそのまま持ってくるクリエイターは怠慢じゃない? こんなもん1週間もやればもう飽き飽きでしょ。オンラインであることの意味を徹底的に考え抜いたクリエイターだけが次のシーンを切り開くんだろうなと漠然と想像していますが。

とかいいつつ、エキサイトがパブリッシュを予定している「フリフオンライン」にはちょっと期待していたりなんかして。



タグ: online game  Internet  business

Comment(0) | TrackBack(0) | online game

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。