アル・ライズ、ジャック・トラウト「マーケティング戦争」(酒井泰介・訳、翔泳社)

books 】 2007 / 05 / 29
久しぶりに読み応えのあるビジネス書にぶち当たった。アル・ライズ、ジャック・トラウト「マーケティング戦争」(酒井泰介・訳、翔泳社)がそれ。原著は20年前に刊行され、20周年記念版として著者の注釈や図版を盛り込んだもので、新たな訳者を得て新刊として出版されたもの。シャープな装丁でついうっかり手に取り、目次を見てこれはと思い、レジに持っていったが、大当たりだった。マーケティングに携わる人だけでなく、戦史に興味を持つ人や、いまの携帯業界、PC業界など特定の業界の動きに注目している人にはぜひ読んでほしい1冊。



続きを読む



タグ: Book  review  marketing

Comment(2) | TrackBack(0) | books

田口久美子「書店風雲録」(ちくま文庫)

books 】 2007 / 05 / 27
子どもの頃から、本屋が好きだった。本屋をめぐる一番古い記憶は、今はもうつぶれてしまって存在しない書店の脇の低いブロック塀に腰掛けて少年チャンピオンを座り読みしていたある日の風景。その姿を、なぜだか第三者の視点で思い浮かべる。奇妙に変形された記憶。

高校生の頃、毎日下校途中で駅前の本屋を覗いていた。どの棚に、どんな本が置かれているかをすべて把握し、文庫本を1冊まるごと立ち読みしたりもした。本屋にいること、それ自体が自分にとって幸せだったのだ。

だから、本屋をめぐる本を見かけると、つい購入する。田口久美子「書店風雲録」(ちくま文庫)もそんな一冊。



続きを読む



タグ: Book  review

Comment(0) | TrackBack(0) | books

矢部正秋「プロ弁護士の思考術」(PHP新書)

books 】 2007 / 05 / 21
ちょっと知財に関する問題その他で参考になるかと思い、矢部正秋「プロ弁護士の思考術」(PHP新書)を新古書店で購入、まったく購入意図とは関係ないところで興味深く読む。この本についてのAmazonのレビューは毀誉褒貶あいなかばする感あるが、個人的には良書だと思う。特に自分の思考フォームが固まっていない若造たちには薦めたい。小道具だけでデキる男を演じるのは邪道じゃぞ。お前はどこのご隠居だよ。笑い。



続きを読む



タグ: Book  review  thinking

Comment(0) | TrackBack(0) | books

本橋信宏「心を開かせる技術」(幻冬社新書)

books 】 2007 / 05 / 18
本橋信宏「心を開かせる技術」(幻冬社新書)を新古書店で購入、最後まで興味深く読んだ。

書名とは裏腹に、心を開かせる技術について体系的にまとめられているわけではない。副題にもあるようにAV女優から元赤軍派議長まで、多くの人にインタビューしつづけてきた著者は、ただ「他人の半生への好奇心」という言葉でそれを代弁する。

技術ではなく、自分とは違う目の前の他人の半生についてもっと知りたい、という好奇心で動かされてきた、人見知りが激しく口下手を自称する著者。その折々の著名人へのインタビューのシーンを切り取った一つ一つが瑞々しく、読み手の好奇心を喚起する1冊。



続きを読む



タグ: Book  review

Comment(2) | TrackBack(0) | books

山本弘「神は沈黙せず(上・下)」(角川文庫)

books 】 2007 / 05 / 15
割と不真面目な大学生だったがゆえに、ゼミなるものにはほとんど顔を出した記憶がない。いったい、何をしていたのだろうか。そもそもが、では社会人としては真面目だったのかといわれれば自然と目は泳ぐわけで、結局おまえは人として不真面目だろ、ということになる。まったくもってありがたくない話だな。

そんなぼくが数回とはいえ唯一出席したのが確か現代英米哲学のゼミで、ジョン・サール「言語行為(Speech Acts)」(坂本百大+土屋俊・訳、勁草書房)の原書がテキストだった。哲学史的にいえば、サールはイギリスのジョン・オースティンからの流れに連なる日常言語学派の哲学者。つまらなかったなあ。もうすっかり忘れてしまったのだけれど、発話行為を意味指示的なそれと行為遂行的なそれに分けたりとか。そんな帰納的なアプローチの彼が、後にデリダと論争を繰り広げるというのもわかるようなわからないような。まあ、そもそも当時はジョン・サールよりジョン・バースの方がぼくの中では大きかったんだ、ということにしておきましょうよ。って、どうでもいいですな。

続きを読む



タグ: Book  review  novel

Comment(0) | TrackBack(0) | books

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。