足踏みマイスター

daily life 】 2008 / 01 / 30
今までおかげさまで他人様の稼ぎに乗っかってあれこれ容喙してどうにかこうにかやってきたわけだけれど、気がつけばどう人を育てるかなんてことを真面目に考えていて、我ながらどうにも座りが悪いことこの上ない。大体にしてからが自分自身が目の前の誰かに育てられたなんてこれっぽっちも思わずに好き勝手に手の触れるまま何でもかんでも盆暗頭に叩き込んではその場をしのいできたわけで、そんなお前様がどの面さげて『育てる』なんてぬかすのかと。ダビスタでもやってろと。じゃあDS Liteでも買いに行くかと。そんな話には、まあならないよな。

こう見えても、師匠暦は意外に長いんですよ。また一人、どっかで人のことを師匠呼ばわりしてたんですよ。ほうほう。しっかりついてこいよ。ただひとつだけ大きな問題があって、いままで一度たりとも自分が何の師匠なのかを理解したことがないんだよね。苦笑。

そもそもね、ぼくは紅顔の美青年の頃に(厚顔というべきだろうね)、埴谷雄高の薫陶を受けたものとしてですね、「O先生のこと」でも書いたように、先生と呼ばれるわけにはいかないんですよ。ひとつご理解いただきたい。にも関わらず、半紙を広げて汚い墨跡でどうにかこうにか『育てる』なんて書こうとしているこの薄らみっともなさよ、いかんせん。虞よ虞よ若をいかんせん。そりゃもう逃げ出したい。盗んだバイクで行き先もわからぬまま暗い夜の帳の中へ。それ、犯罪だろ。仕方なく乗る南北線。

続きを読む



Comment(0) | TrackBack(0) | daily life

とてもねむい

daily life 】 2008 / 01 / 27
なんと申しますかね。

とてもねむい。

……。

続きを読む



タグ: diary

Comment(0) | TrackBack(0) | daily life

栄枯盛衰その他諸々

daily life 】 2008 / 01 / 16
xfy Blog Editorにて更新を続けていますが、なかなかよくできている気がします。最初はWYSIWYG画面にリンクタグを突っ込んでエスケープされたりしましたが、慣れれば快適。ただ、微妙な部分はあって
  • モバイルPentium-III M(933MHz)ではいかんせん画面遷移がもっさり。
  • 過去のエントリを参照しつつ新規のエントリをまとめるのは困難。
  • なんかトップページの再構築に失敗することがある。
といった部分で使い続けるかどうかは悩ましいところ。普通に日記を書く分にはおすすめいたします。

で、これともうひとつ、シゴタノ!「読書のライフサイクルを統合管理するMediaMarker」というエントリをたまたま読んで気になっていたメディアマーカーというWebサービスを新年で切りもいいぞと使い始めました。右上のリンクに追加した衰弱堂の書架というやつがそれ。

検索画面でamazonの在庫を探してワンクリックで登録し、購入日や購入金額、未読/読中/読了といったステータスを設定できます。今月は6冊読了か。まあまあじゃないかなあ。読書のモチベーション維持には役立ちそうですが、どうなることか、はて。

続きを読む



タグ: blog  webservice

Comment(0) | TrackBack(0) | daily life

仕事始め

daily life 】 2008 / 01 / 07
なんだか長かったような短かったような休日はあっけなく過ぎ去り、今日から仕事。朝、駅を出たところでT嬢に遭遇。新年の挨拶もそこそこにステステ歩いていってしまい、取り残されたぼくはコーエードラッグで飲み物と菓子を買って出社。あ、社員一同が全国から集めてきたみやげ菓子が勢ぞろいじゃないですか。菓子はいらなかったな。

忘年会のブレボケしまくった画像をファイルサーバに公開、Remember The Milkにずらりと並んだ昨年からのタスクに軽く眩暈しながら新しいダイアリーに今週の予定書き出す。Sさんより某ログ集計、年末にディスクフルになったせいかローデータの転送に失敗し最後の3日分ほどがデータ欠落で再集計とのこと。明日予定。M社長より、水曜日に某氏サロン来訪にて対談の件。Web上のコンテンツ流用可能なため要コーディネーション。

昼は社員揃って新年昼食会で近くの中華料理屋へ。帰宅後、某プロジェクトに取り掛かるも関連プロジェクトとの手順で苦衷。結局関連プロジェクトの初期検討を先に終えておかないと後でぶれると判断し、順序入れ替え着手。そこから延々と苦悩は続く。「マルセイバターサンド」とか「月で拾ったたまご」とか「いのち」とか、もう適当に銘菓を食い漁りつつ苦悩。

はじめての分野であったり、はじめての業種であったり、いずれにせよ考えたことのなかったことを考えていると、自分がとことん愚鈍に思えてきて辟易する。傷一つつけられず足場も手掛かりもないまま、つるつるに磨き上げられた壁を果てしなく滑落していくようなこの感じは、思い返せば、いまにはじまったことでもないな。

こうしたときには、ある程度まではまとめに入ってはいけない。ともかく、類推から関連情報を入手し片っ端から盆暗脳に突っ込んでいく。いくつかのキーワードが自然に浮上するまでひたすら叩き込む。たいがいの場合、すでに先人が到達している領域なので、これによってつるつるだと思っていた壁に陰影が浮かび上がり、やがてルートが見えてくる。

そこまできたら、今度は構造の中に落とし込んでみる。MECEになるようタームを切って、それを適当に満たしていく。その作業自体で満ちることはないのだが、どうすれば満たしきることができるかの方向性は見えてくる。そうなると、今度は自分が天才なんじゃないかと思えてくるから不思議だ。苦笑。

しかし今回はちょっといやな予感がしている。実務的なレベルでの現実的なソリューションを語る言説に全く出くわさないのだ。どういう分野かはあえて書かない。この領域には隠れた市場性がありそうだからだ。笑い。結果が出た場合には3本目の柱として事業化いたします。ほんとかよ。

ほどほどで切り上げ、近所の新古書店に寄って、海堂尊「チーム・バチスタの栄光(上・下)」(宝島社文庫)など買う。この小説、装丁がなかなかよくて気になっていたが、上巻半ばあたりまで読んだ感触では、タイトルからまっさきに思い浮かべた、乃木坂太郎+永井明「医龍」(小学館)に比べると緊迫感やプロットの構成力の面で相当落ちる。それでも凄まじいリーダビリティは買えるが。まあ、マンガとはいえ『ビックコミックスペリオール』で連載中にもかかわらず2度に渡ってドラマ化された話題作と比較するのは可哀想かもしれない。

途中の中華料理屋で豚ばらかけご飯と水餃子セットを食べて帰宅。店のおばちゃん、ぼくがいつも行くたびに豚ばらかけご飯を頼むと笑っていた。確かにこの店でほかのメニューを頼んだ記憶がないのでしかたないのだが。そもそも豚ばらかけご飯を出しているのがこの店だけなのでしかたないじゃないか。微笑。

関西に移ったNさんからの年賀状が職場に届いていたことを今さっき思い出した。返事をするのを忘れていた……。この場を借りて、Nさん本年もよろしくお願いいたします。読んでないか。苦笑。




Comment(4) | TrackBack(0) | daily life

朝まで忘年会

daily life 】 2008 / 01 / 04
「蹴りすぎキックオフ」からはや1ヶ月あまり。2007年12月28日、職場の最終日。毎年恒例の忘年会が華麗に開催されたわけでございます。ところがこれがあまりネタがないんだ。どこが華麗なのかと。みんな守りに入るなよ。1本のレギュラーよりも1回の伝説だろ。何か違う。で、せっかく買ったデジカメをこれでもかとばかりに使い倒したので、遅ればせながら写真を織り交ぜつつお送りいたします。

小雨の降る中、18時半頃から職場より手の空いたものが順次タクシーに乗り合わせて六本木へ。WebサイトチームがクライアントのWebサイトの年内リリースを目指しぎりぎりまで粘る様子。年末はかなり無理をしていた様子なので今日くらいはすぱっと終われるといいのだけれども。

胡同四合坊続きを読む



タグ: diary

Comment(0) | TrackBack(0) | daily life

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。