衰弱しても一人

daily life 】 2008 / 05 / 19
およそ人はどれだけ衰弱できるものなのか、などと考え始めるともうなんだかそれこそ心底畏ろしくもなってくるわけだけれども、そんなときにはなぜか独居老人のぼくが衰弱しきって呻いているさますら浮かんでくるのが、これまた実に虫のいい話ではある。いや、考えてもみなよ。お前、そんなよぼよぼになるまで無事にsurviveできるのか?

そんな侘しき一人語りから始まる、ろくに更新されないブログへようこそ。あれ、誰も来てない? 嗚呼、衰弱しても一人。で、まあそんな物悲しい現状に甘んじながら、とりあえず「単に一人」くらいまで状況を改善すべく、衰弱したまま思いを巡らせていると、ふと、「肉がふえて来る太い腹である」というあたりに諸悪の根源があるという結論に達しました、はい。

しかしですね、みなさんご存知かと思いますが、生活世界なるところにおいては真実と現実はほとんどすべての場面において重なりあうことはないわけです。<太りすぎだ→痩せる>。この「矢印」は、およそ無限遠に等しいとさえ思える長さを持って、彼の生活にのっぺりと横たわり、そのささやかな真実なる代物はゼノンの矢のごとく、いつまでたっても的を射ることがない、と。

ところがひょんなことから真実と現実を重ねてしまおうと思ってしまうところが人間の偉大さなのか、それともそんなものは単にぼくの怠惰にすぎないのか。まあよくわかりませんが、ゼノンの矢がゆっくりと的に向かいはじめたわけです。なんで? 職場でいきなりフットサル活動が始まったから。なんだそりゃ。

1回目の活動は腰痛の緩解期ゆえ自重してカメラマンに甘んじていたのですが、ちょっとボールを蹴ったりすると何だか心動かされたわけです。20代の半ばころに突然オートバイに乗りたいと思ったときとちょっと似ている。これ、やりたいな、と。

まてまて、汝自身を知れ、と。肉体はといえばヘルニアはいつ暴れるかわからない上に、ディープインパクトがハンデ重賞に出走してもこんなに斤量背負わないだろ、というくらい脂が乗りに乗り切っている。一方、精神はといえば絶賛衰弱中。心身ともに、フットサルなどからは遠く離れたところでかそけく揺らいでいるじゃないか?

にもかかわらず、ともかく動ける身体を作ってみようじゃないか、という思い込みを契機にかみ合わぬまま錆び付いて凝っていた何かが動き出した。誰か〜メタボリック、止めて、メタボリック〜、胸の〜ボタン〜苦しくなる〜。などとくだらんことを心中呟きつつ。

あまりにも過剰な真実を、現実に重ね合わせてしまう、それが人間なのだ。次の記録を作るのは、あなたかもしれない。なんか違うぞそれ大野しげひさだぞ。かくして久しぶりに気合の入ったダイエットが始まった。かくいうぼくは、ダイエットに関しては豊富な経験を有している。痩せることは簡単だ、太ることと同じくらい。えー、それ簡単なのかよ。笑い。

飲酒はそれほどでもないが、甘党。もっぱら出不精。よって消費カロリーに対して摂取カロリーが大きく上回るがゆえ太る。それゆえ、我がダイエットの基本的な戦略は
  • 摂取カロリーを減らす
    • 糖分の入った飲料をゼロカロリーのものに切り替え
    • 菓子類の摂取を控える
    • 野菜を意識して摂る
    • 食事回数を減らす
  • 消費カロリーを増やす
    • 週2回程度、20分〜30分のウォーキング

といった感じ。しかし、今回はこれだけでは足りない気がした。実は去年の同じ時期に、ウォーキング抜きでダイエットをしている。そのときに一番落とした体重から1年足らずで15kg戻っているのだ。うむ、痩せることは簡単だ、太ることと同じくらい。笑い。

なぜ足りないか? 年も取ったし、摂取カロリーを減らすだけではだめなんじゃないか、という思い込みもある。けれど、そもそもの目標が「ともかく動ける身体を作ってみようじゃないか」というこれまでの人生を振り返れば無謀極まりないそれなのだから、消費カロリーを増やさなければはじまらないわけですよ。とりあえずは有酸素運動で動きやすくしてそれから考えよう、ということでまずトレーニングウェアなぞ購入してみた。これはフットサルでも使えるからよいでしょう。



ぼくが有酸素運動を本気でやるときに、1つだけチェックすることがある。マフェトン理論の180公式がそれ。心拍数を一定の範囲をターゲットにしつつウォーキングをする、というもの。確かずいぶん前にTarzanの記事でこれを読み、カシオのJP-200Wというパルスモニタ付のデジタルウォッチを買いウォーキングをしていた。これは右端のセンサ部分に指先を当てると脈拍数を表示するもの。すでに電池は切れ、おまけにゴムのバンドも経年劣化でちぎれている。


これを直して使ってもよいのだが、日経MJの新製品ニュースでSUUNTOt1という、胸にセンサのついたバンドを装着してリアルタイムで心拍数をモニタリングするものが気になって調べ始めた。結局、週ごとにどの程度の負荷のトレーニングを何回行ったかなどの記録が豊富で、オプションのPODにより歩行距離を計測したりPCに記録を転送したりできる点からSUUNTO t3を購入した。

さらに、以前より折りに触れてダイエット情報を伝え、不甲斐なきぼくを励ましてくれるまだ見ぬ親友、銀弾丸氏がエアロバイクを活用していたことを思い出し、これまた調べてみるとYahoo!オークションで8000円程度で買えることがわかったため、これも入手した。ウォーキングは嫌いではないのだが、決まった時間にやるとなると深夜になる。梅雨時はつらい。部屋に置けるか不安だったが、なんとか入った。

かくして、それなりの資本が投下され、お膳立ては整ったわけだが、懸念はもうひとつあった。それは、食生活。

長年外食を続けてきたわけだけれど、諸般の事情で中華料理屋への出入りを絶ったせいで野菜を口にする機会が減った上、割とよく利用していた定食屋は魚定食の値段がかなり上がって、使いにくい店になった。コンビニで食料を調達するとやけに高くつく上、きちんと栄養を摂れている気がまるでしない。野菜炒めが食べたくなったこともあり、久しぶりに台所を片付けて炊飯器を使えるようにした。

一時期、自炊していた頃は米を炊くのも一仕事だったが、今や無洗米なるものが手軽に買える。しかし、米を炊いても食べきれないのはどうすべきか。結局、朝ごはんを食べて仕事に行き、昼食を抜いて、夜遅くなっても帰宅して食べればいいや、ということになった。夜食べると太る? 気にしません。1日の摂取カロリーをコントロールしつつ、それなりにバランスを考えて食べるほうがよかろうと。基本は一汁一菜。ご飯と、味噌汁かわかめスープ。深夜営業している赤札堂に行くと、焼き魚も買えることがわかった。2切れ入っているので夜朝で食べ切り。キューピーの低カロリードレッシング(さっぱり塩味)は1食分5kcalながら普通のドレッシングと大差なくいけます。サラダやトマトにかけて1品。あとはうの花や卵など。

そんなこんなで今のところ順調。勢いでレコーディングダイエットよろしく使ってみるかとTwitterもアカウントを作る。右ペインに新着の呟きを表示するよう追加してみました。使う前から予想はしていたけれど、1日使ってみた正直な感想。Twitterって、それほど大騒ぎするようなサービスじゃないと思う。Web2.0の革新性はソーシャルメディアであることではなく、ソーシャルメディアの上で自律的に生成される情報のクラシフィケーションなんじゃないかな。その話はまたいずれ気が向けば。

さて、問題は衰弱しきっていたせいですっかり停滞している仕事である。M社長、体調整えつつリカバリしていく所存でございます。とほほ。

タグ:lifehack





【daily lifeの最新記事】

Comment(7) | TrackBack(0) | daily life

この記事へのコメント
メタボリックの歌、飯田さんに創ってもらいましょうか?
Posted by SASA at 2008年05月19日 09:12
自分がある課題に直面し、その置かれている状況を冷静に解析した結果、データでは計量しにくい要素である「情熱」というパラメタが課題解決の可能性を算出するにあたり重要な係数であることに気づいたとたん、その問題は「永遠に解決できない課題」であると勝手に諦めてしまうことが多い。
運という調整変数が計算結果を大幅に歪める可能性もあるがそれは稀だ。

大雪山縦走
納期
永遠の愛
効果があるダイエット

俺はほとんど諦められます。
Posted by はっか at 2008年05月19日 15:26
おれは10K痩せたぞ!

白米を玄米にする。

めしを食えないくらい精神的に
ダメージを受ける。

この二つで簡単に痩せる。
Posted by ムラダス at 2008年05月19日 20:07
ついにリスタート 
キタ━━ヽ(´∀`ヽ)━━ン !!

ブログでの公開、その意気やヨシ!

そもそもの目標が「ともかく動ける身体を作ってみようじゃないか」という無謀なのもまたヨシ!

とはいえ、敏捷性の劣化は、実はもうアレだったりするが、とにかく動くためには体重を減らさねばならぬ。話はそれからだ。


健闘を心より祈念!

Posted by 銀弾 at 2008年05月20日 01:05
SASAさん:
メタボのご当地はどこ? 苦笑。叙情派ブルース歌手、玉一子の「メタボリエレジー」とかですかね……。

はっかさん:
今を生きろ。笑い。
諦念は未来に向かって伸びるのです。

ムラダスさん:
「ダメージを受ける」、ってのがここ数年うっすら想像している事態じゃないことをお祈りします。
つか、意外に頭頂部の荒廃だけで3kg減みたいな話じゃないよね?

銀弾丸さん:
ドンキで買った安物の体組成計がErrばっかで体重計にしか使えず、その表示もあてにならないのでSCF-20を発注。いやはや金のかかる道楽だ……。
Posted by 衰弱堂 at 2008年05月21日 01:23
夜に炭水化物と脂っこい食べ物の摂取を減らすとよいと思います。
高校生の頃、以下の方法で7キロ痩せました。
・飲み物はお茶、または砂糖無のもの
・脂っこいものは食べない
・こんにゃく、もずく、ところてんなどカロリーの低いものを多めに摂取
・毎日腹筋、寝る前に柔軟体操
・ご飯の量を今までの半分にする
Posted by T嬢 at 2008年05月21日 11:02
T嬢さん:

過去のエントリーを見てもらうとわかるのですが、「しらたきに挑む」とか、一日一食断食減量道だとかバジルのパスタだとか、摂取カロリーを減らすと体重が落ちるのはある程度経験があるんですよね。

が、それでは衰弱した状況への解にはならないのかな、と。もうずいぶん長いこと「きちんと食事を取る」ということを放棄してきたので、この辺で一度やってみるのもよかろうということで。

そんなわけでお刺身おいしゅうございました。
Posted by 衰弱堂 at 2008年05月22日 00:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。