【新春特別企画】衰弱堂、雑煮に挑む

foods 】 2008 / 01 / 02
窓から明るい日差しがまっすぐ届く正月二日、いかがおすごしでしょうか。一月二日といえば、箱根駅伝。そんなわけで裏の教育テレビでやっている、高校生を長期間授業が受けられない環境で軟禁し野球付けにするという極めて反教育的なマンガ「メジャー」が原作のアニメを気にしつつ、箱根駅伝のことは忘れてすっかりのんびりしているのです。何がいいたいんだよ。

さて、世は正月だというもののおせち料理はない。食材の形や名前の語呂合わせで健康や繁栄を願うという他の国ではあまり見かけない料理、日本人ならちゃんと食べたいものであります。でもない。せめて雑煮でも食べるかということで、挑んでみたわけでございます。しかし、しょぼいんだこれが。

まず、ドンキホーテで大晦日に買ってきた個包装の切り餅をオーブンレンジで焼く。時間は適当。膨れるまで。で、焼ける頃を見はからいつつお湯を沸かす。もちが焼けたら、お椀に味一筋でおなじみ、永谷園のお茶漬け海苔を入れ、適量お湯を注ぐ。餅を入れて雑煮完成。わずか10分ほどで手間いらず。しかもうまい。

インスタント味噌汁で食べると具なしがそこはかとなく寂しいのですが、お茶漬け海苔だとシンプルにうまいのが不思議不思議。なんとなく関東風。

ちなみに衰弱家の雑煮は関西風の白味噌仕立て、具は大根、人参、里芋など。餅は丸餅で、中に塩餡が入っています。もう随分食べてませんが。

……これ、新春特別企画というほどか?

タグ:駄食 food





Comment(5) | TrackBack(0) | foods

この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

ところで、FireFoxのアドオンでWeb Developerというものがあり、それの「Information」-「Display Block Size」を使うと、DIVなどブロックごとにサイズを表示してくれるのですが、このように既存のHTMLに重ねて情報を表示させたいのですが、どうすればいいでしょうか?
新春特別企画(その3)で取り上げていただけないでしょうか?
Posted by tomohiro at 2008年01月02日 23:40
tomohiroさん:

なぜそれをぼくに聞くかな。笑い。

ちょっと用途がよくわからないんだけど、Firefoxのアドオンで書くのではなく、サーバサイドで実装したいの?

単純に上に乗せるって話ならCSSでコード追加しろってだけでしょうが、すでにあるWebサイト上に載せるとなるとややこしいなあ。結局、構文を再解釈してオーバーフローする部分のコードを追加した形でリレンダリングするしかないんじゃ?

ClickTracksがIEのレンダリングエンジンを使ってページ上の全てのリンクにタブのCTRを表示する機能をもってますが、これもクライアント側で相当いじってるんじゃないかと。

HTML lintのソースとか方言Proxyのソースコードを読めば単純なテキストの差し替え・差し込みはわかりそう。あとは何をやるかによってパターンマッチで拾って適切な位置にコードを挿入して再度吐き出す処理をするしかなさげ。
Posted by 衰弱堂 at 2008年01月03日 00:10
なるほど、やはり「CSS+プログラムでリレンダリング」か。
用途や前提も書かずに質問したにも関わらず有用なアドバイスありがとうございました。

「それでも衰弱堂なら、衰弱堂ならきっとなんとかしてくれる」の想いで聞いてみましたw
Posted by tomohiro at 2008年01月03日 00:43
ついついfoodsを網羅してしまった…
しらたきの呪縛でしょうか。

それはさておき、餡餅白味噌の雑煮。
ご家族は多分讃岐の出の方なんですね。
対岸の岡山に来て初めて餡餅雑煮の存在を知りました。
ちなみに岡山はすましにぶり、白餅、青菜人参が入ります。
Posted by 蔵六 at 2009年04月13日 23:50
蔵六さん:

ええ、そうなのです。両親が香川の出身で、ぼくも横浜生まれ横浜育ちといいつつ本籍は香川県のままになってます。

父の実家から普通の丸餅と塩餡の入った丸餅が送られてきて、幼少時、味噌汁にあんことか気持ち悪いもん食ってるなと思っていたら、食ってみれば意外にうまかった……。
Posted by 衰弱堂 at 2009年04月14日 02:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/76035204
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。