ウィルコム、幅50ミリの[es]後継機「Advanced/W-ZERO3[es]」発表

mobile 】 2007 / 06 / 09
発表前からティーザーサイト「x-w.jp special website by WILLCOM」まで展開する力の入れようで久しぶりに期待を煽りまくってきたウィルコムの新機種は上記ティーザーサイトに途中で掲載された謎の数字から予想された通り[es]の後継機だった。

詳細はタイトルにつかったITmedia +D モバイルの記事及び写真で解説する「Advanced/W-ZERO3[es]」に詳しい。

とりあえずはプラチナシルバー1色のみの展開だが写真を見る限り質感はよさそう。なにより、あの[es]より横幅を50mm落とした上に3インチワイドVGA液晶と無線LANを搭載してきたというのがすごい。厚みも落としているようだが、微妙にエッジを削って薄く見せかけているような気も。センターのポインタ部分はそれほど厚みが変わらないように見える。

横幅を落としたため、スライド式のキーボードから数字キーが削られ、キー配列が5段から4段になったのが数少ないスペックダウンだが、確かスライド状態でもダイアルキーは生きているはずなのでそれほど支障はないように思う。あとはUSBホスト機能についての言及が各種サイトを見てもないのが気がかり。外付けキーボードで使用することがあるので、これがないと困るのです、はい。

7月中旬発売予定で当初は新規契約のみ。これはたぶん機種変更すると思います。そこに、ウィルコム、端末販売に割賦方式を導入へなんて記事が。
 ウィルコムは6月7日、7月中旬に発売するスマートフォンの新機種「Advanced/W-ZERO3[es]」の機種変更向けに割賦販売の導入を検討していることを明らかにした。

 同端末の同社Web販売価格は、新規加入向けで2万9800円(ウィルコム定額プラン+データ定額加入時)。機種変更価格は未定だが、これより高くなる。このため、機種変更向けに割賦販売を導入し、購入しやすくする。詳細は今後公開する。
な、なんという手回しのよさ。買い替えろというんだね、そうなんだね、はい! わかりました。よいお返事ですね。笑い。





Comment(0) | TrackBack(0) | mobile

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44299111
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。