衰弱堂、しらたきに挑む(ペペロンチーノ編)

foods 】 2007 / 06 / 03
そんなわけで、夕餉の賭けにあっけなく敗れ、今日もしらたきとなった衰弱堂。あれだけうまいとかいっておきながら、正直脳裏には秋吉の焼き鳥がこびりついてはなれない。鶏よ鶏よ鶏たちよ……。まさに断鳥の思い。笑い。

で、しらたきなどを買いにドンキホーテへ。銀弾丸氏の助言を入れ、しらたきじゃ補えなさそうなたんぱく質を摂るべくプロテインなど買ってみる。これは就寝前に飲む予定。追って書こう。

で、迷った。確か昨日
次回はペペロンチーノ編をお届けする予定です。
と書いた。うん、そう書いてある。

えー、今日もイタリアン? 一時期、毎日唐辛子とバジルのパスタを飽きずに食べていた男の中のありえない理性がそう叫ぶ。そもそも昨日のあれをイタリアンと呼んでいいのか?

ここでしばし考えた。

中華もありじゃね? ってことでかごに丸美屋の麻婆豆腐のもとを入れてみる。いやだから、それって中華なのか? という疑問はなくもないが。そもそも素直に麻婆春雨買えばいいんじゃね? それはいってはいけない。

で、棚を色々見ているとごまだれってのもちょっと惹かれるものがある。つけ麺風に食ったらうまいんじゃね? これは思いとどまってみる。オーマイのペペロンチーノ2食分も売っていたので一応かごにいれる。しらたき1個59円。2個購入。つまりこのシリーズはまだ続くのである。

その他デザートだのアミノカルピスダイエットだの洗剤だのプリンだの買い込み、積載重量ぎりぎりまで積み上げてとぼとぼ帰還。

さて、どうするか。

これまた銀弾丸情報の「こんにゃくパスタ/ペペロンチーノ」の調理法を見ると、水気を切ったあと油を引かないフライパンで炒めろ、とある。やはり水気対策は相当やっかいなようだ。その点、麻婆豆腐なら少々の水気は問題ない。これか。しかし作るの面倒だ。とろみ付けとか(※そもそも、丸美屋の麻婆豆腐レベルで面倒とかいっている時点でこの男に料理をする気はないことがよくわかる)

で、やはり混ぜるだけで手軽なペペロンチーノでいってみようということに。今回は結局買って来たオーマイのものを使わず、トップバリュのペペロンチーノを使用。一食分99円。105kcalらしい。オリーブオイルは意外にカロリーあるということか。昨日のバジルソース編のカロリーはもうちょっと高めっぽい。

ボウルにざるを載せ、しらたきをぶち込んで蛇口から湯を流しっぱなしにしてしばし待つ。で、ラーメン屋のオヤジを思い浮かべつつ湯切り。これではだめなのはわかっているので皿に盛りレンジで1分加熱。ざるに戻すとやはり水が出ている。皿に盛りレンジでもう1分。ざるに戻すと少し水が出ている。次回は3分やるか。

で、皿に盛り、ペペロンチーノのもとのオイルのようなものをかけて混ぜる。これただのオリーブオイルか? さらに具の袋をあけてふりかけよく混ぜる。完成〜。

いただきます! ……ふーむ、昨日買ったしらたきとは別物ではあるのだが、昨日より麺がしっかりしている気がする。レンジで水気を飛ばしたのが効いたのか。やはりフライパンで炒めたほうがいいのだろうか。表面のやわらかさがなく、つるつるしているが、これはどう考えてもペペロンチーノである。そりゃそうだわな。うまかった。満腹満腹。

しらたきをまた食べるのをちょっと躊躇したのは、この満腹感の持続が半端じゃないのも一因なんですよ。今日は朝チーズトースト1枚、安田記念見ながらチーズトースト1枚で十分満足だったし。あ、プリンも1個食った。

そんなわけで、次回は新境地に挑みたいと存じます。麻婆豆腐か、はたまた別の手か。乞うご期待。って、誰も期待しないよな。笑い。


タグ:駄食 food





Comment(3) | TrackBack(0) | foods

この記事へのコメント
しらたきのプロにでもなる気ですかかか?
Posted by しっし at 2007年06月04日 19:14
昔から、衰弱堂の料理は機能優先だよね〜。
Posted by ムラダス at 2007年06月04日 22:30
君たち、賭けに負けるとはこういうことなんだ……切ないものさ。笑い。

ムラダスさんは最近檀流クッキングしてるの?
Posted by 衰弱堂 at 2007年06月05日 01:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。