完成そして陥穽やがて閑静

item 】 2007 / 05 / 09
5月4日のエントリでも書いたように、我がメインPCはAntecのSOLOをおごりWinXPを搭載して新たに生まれ変わったのだが、

死にました。涙目。

普段はモニタの電源のみ落としてPCの電源は入れたままで運用しているのだが、昨日帰宅するとなぜか再起動がかかり新たなデバイスとしてイーサネットコントローラが見つかったと誇らしげにWinXPが語りかけてくるわけですよ、お嬢さん。このドライバを入れるためにWindowsUpdateを使いますかとか言ってるわけ。この、たわけがっ。

で、マザーボードの付属CD-ROMだのAlbatronのサイトから落とした最新のドライバだのを入れてみても状況はまったく改善されず。何度かリセットするうち今度はBIOSのボイスメッセージ曰く「メモリーエラーです」。いや、エラーなのはお前自身だろ?!

2枚のメモリを組み合わせを変え、スロットを変え指し直すが状況は変わらず。どうやら、マザーボードは天に召されたご様子です。マザボ、死す! 我が生涯に一片の悔いなし! いやYou are shock!ですから。慟哭笑い。

かくして、ただでさえ静音マシンだったSOLOは閑静そのもの、というか無音でございます。わがPC修羅道はどこまで続くのか……ほんとにタバコをやめろということなのか。タバコとPCの共存のため、がんばれ卓上空気清浄機よ! 清浄機よ永遠なれ!

とりあえずは復旧を目指すわけですが、ここで難しいのは今のSocket754環境を維持する必要があるのかどうか。いやマシンスペックには特に不満を感じていないだけに、なおさらSocketAMだのSocket775だのに移行するのに躊躇するところはあるんですが、なんといってもメモリが安い今日この頃。悩みは尽きず。メモリが1GBで6千円、2GBでも1万円。グラフィック内蔵マザーボードがおそらく1万2千円あたり、CPUは最低スペックで8000円あたり。マザーボードとCPUの合計が多分2万で収まると見れば3万円ですか……。はてさて、どうしたものやら。


タグ:PC





Comment(4) | TrackBack(0) | item

この記事へのコメント
グラフィック内臓マザーボードでいくんだったらAthron64系で組むといいのでは?内蔵されているGPUも結構早くて1万切るのでお勧め。
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20070502/etc_biostar.html
CPUもCualCoreで1万切るしね。
Posted by じの at 2007年05月09日 10:15
壁|-)
壁|.-)
壁|ToT)
壁|-T)
壁|T)
壁|)
Posted by 獅子心 at 2007年05月10日 00:00
なんという コメントww

>Socket754環境を維持する必要
まったくナッシングかと思われ

DOCO2が出るまでグラボもショボクてOK ヽ(゚∀゚)ノ
Posted by 銀弾 at 2007年05月10日 09:52
さらにADSLモデムまで壊れ、現在自宅では謹慎を余儀なくされています。日曜日あたりに復活予定。詳しくは雑記更新を待て! 笑い。
Posted by 衰弱堂 at 2007年05月11日 18:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。