見るだけでテンションが2割くらい上がるYoutube動画12選+おまけ

music 】 2012 / 12 / 04
 久しぶりの更新だけれど、そんなことは一切忘れて書くことにする。
 少し前に@kagua_bizさんがFacebookで「テンションが上がる曲」の話をpostしていて、そういえば自分はテンション上げたい時に何を聞いているのかなと思ったわけです。このpostへのreplyを見ているとプロレス・格闘技関連の曲が多かったような気がするんですが、自分で調べてみたらやっぱり格闘技関係多いなあ。
 そんなわけで折角調べたので、格闘技関係はできるだけ除いて、以下Youtubeの動画にてご紹介します。

使用上の注意

 一仕事終えて、家に帰ってきて眠ろう、みたいなときには聞かないでください。あと、疲れてテンションが通常よりも下がっているときに聞くのもおすすめしません。そんなときに聞く曲集はこのエントリの反応見て考えます。微笑。
 朝起きた時、昼休みを終えて仕事を再開する時、大きなプレゼンに臨む時、ウォーキングのような軽い運動をする前やしている時に聞くのがよさそうです。
 なお、紹介順は順位ではありません。

 

松本梨香「Alive A Life」(「仮面ライダー龍騎」主題歌)


 シンプルだけどポジティブな歌詞、パワフルな歌唱、ゴージャスなアレンジ。今日をサバイヴするためには、まずこの一曲。

高梨康治「PRIDE」(総合格闘技イベント「PRIDE」オープニングセレモニーの曲)


 オフィスという、逃げ場のない四角いジャングルで戦うときにどうぞ。

REBECCA「PRIVATE HEROINE」(ライブ映像)


 80年代の日本の音楽シーンを代表するスーパーバンドREBECCAの、確か1986年の早稲田祭のゲリラライブの映像。NOKKOの歌唱は何かが降りてきているような凄みがあって、いま見ても心を動かされます。生で見れなかったのがほんとうに残念。

 

Jeremy Soule「Dungeon Siege Main Theme」(PCゲーム「Dungeon Siege」のメインテーマ)


 「Elder Scrolls IV: OBLIVION」をはじめ、数々のゲーム音楽を手がけ、日本人アーティストへの楽曲提供も行なっているらしいJeremy Souleの一曲。このゲームをやったことがある人はすごくテンションが上がるのだけれど、やってない人はどうなのかなあ。

Nico Touches the Walls「THE BUNGY」


 イントロからサビに向かってヴォーカル、ギター、ベース、ドラムが追い込むように疾走し、一気に持ち上げてくれる感じの曲、Nicoはこの曲だけが別格ですごい。

鈴木修「爆勝宣言」(橋本真也入場テーマ)


 鈴木修は数々のプロレスラーの入場テーマを作曲しているらしいのだけれど、他の曲はあまり聞き覚えがない。しかし、破壊王の名で多くの人に愛されたプロレスラー、故橋本真也のために書き下ろされたこの曲はとにかく牽引力がある。ウォーキングのときに携帯用MP3プレイヤーからこれが流れると、一気に足の運びが力強くなります。笑い。

Sheena Easton「Telefone (Long Distance Love Affair)」



 え、なんでこの曲? と自分でも思わなくもない。別にSheena Eastonのファンでもなかったし、この曲がリリースされた時も、時折テレビやラジオなどで流れるのを見聞きした程度。今聞くと、高音がよく伸びる彼女の声を聞くとなんだか元気が出る。プロレスとか勘弁、という女性の方はこちらをご利用ください。微笑。

グスタフ・マーラー「交響曲第8番『千人の交響曲』」(サイモン・ラトル指揮、イギリス・ナショナル・ユース管弦楽団)



 寝起きにこの曲を聞くと、その日が特別なものじゃないかと思えてくるような一曲。1時間を超える長い曲ですが冒頭の3分くらいでかなり注入される感じです。マーラーの交響曲は曲によって指揮者の差で違和感を感じることがあるんですが、8番に関してはあまりはずれな演奏がない印象。副題の「千人の交響曲」でもわかるようにコーラス隊を含めた大規模構成のため、おそらくよほど力量がある指揮者でないとこの曲を振らせてもらえないからじゃないかと思ってます。

Perfume「Dream Fighter」


 Perfumeの曲はテンションを上げる時に効くやつが結構あります。「VOICE」とどちらを取るか悩んだ末、こちらを。

Scatman John「Scatman World」



 歌詞を読むと割としっかりとしたメッセージが込められているのだけれど、そんなもの度外視でとにかく底抜けに明るくて、軽快なテンポで駆け抜けていくScatman Johnの歌は、身体を通り抜けるたびに何か重荷を取り払ってくれて、前に進む元気が出ます。

きただにひろし「果てなき希望(いのち)」 (仮面ライダー龍騎挿入曲)



 「Alive a Life」を挙げたので外そうかとも思ったのですが、こちらもやはりテンションが上がるのでもう一曲。仮面ライダー龍騎の戦闘シーンに使われていた曲だったかな。

Return To Forever「The Romantic Warrior」



 いかん、この曲を忘れてました。静かな導入から次第に加速し、ラストに向かって驚くほどの速度で引っ張りあげてくれる名曲。

【おまけ】田村潔司 ヘンゾ・グレイシー戦入場シーン



 これはわかる人にしかわからないような。わかる人はものすごくテンション上がると思います。2000年2月26日、「リングス ワールドメガバトルオープントーナメント KING OF KINGS」の準決勝、対ヘンゾ・グレイシー戦で田村がUWFメインテーマで入場したシーン。


2012/12/14追記:
少し追加してプレイリストにまとめました。





Comment(0) | TrackBack(0) | music

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/305177037
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。