それはスープじゃなかった

foods 】 2011 / 08 / 22
 ここ数日、リア充でもないのに爆発するかと思うほど発熱していた衰弱堂。その間、何を食べていたものか実に記憶がない。一度冷や飯でおじやを作って食べた記憶はある。

 で、昨日だったか。あれ食べようと思ったんですよ。

 オニオングラタンスープ。

 まあ、そんな立派なものの作り方を知っていようはずもないのですが、だいたい想像がつくじゃないですか。Imagine that onion soup.

 それにですよ、これまで、しらたき雑煮貧乏デザート貧乏ドリンク親子丼と手抜きの極北を突き進み続けた、人呼んで『リアル孤独のグルメ』たる、この衰弱堂。うーん腹もペコちゃんだし、オニオングラタンスープでも作って一息つくか、といった気軽さで、本当に熱に浮かされて狭い厨房へ。

 とりあえず、味の素のコンソメ。300mlに小さじ2杯と書いてある。ふむふむ。お湯300mlくらいとコンソメ小さじ2杯をフライパン(●マダで買った激安の片手鍋が1ヶ月もせずに柄が取れたせいでいま手頃な鍋がない。●マダのヤスさは別の意味でもハンパじゃないよ)に入れ、小さめの玉ねぎ半分をスライス、ベーコン1枚を刻んでコトコト。スプーンで味見、ほー いいじゃないか。こういうのでいいんだよ、こういうので。

 一方、グラタン部分。冷凍庫から取り出した8枚切の食パンにとろけるチーズを乗せてオーブンレンジへ。凍っているので2枚分の時間焼く。ちなみに2枚焼くときも凍っているけど2枚分の時間で焼く。このオーブンレンジにはトースト1枚焼きと2枚焼きの設定しかない。

 さて、問題はスープ皿。最初に使おうとしていた煮物鉢は食パンが微妙に入り切らない。しかたなく、カレーやパスタで使っている皿を出す。焼きあがったチーズパンを皿に乗せ、コトコトしたスープをぶっかけて完成〜。スプーン持って机に。

 ……あれ?

 スープがない。パンが全部スープを吸収しきって見事に皿の底が見える。これ、何? オニオングラタン? オニオングラタンスープってのはね、なんていうか掬われてなきゃあダメなんだ。

 まあ一応食べてみる……あれ、うまいじゃないか。スープを全身に吸い込んでひたひたになったパンはすっかりやわらか。スプーンでほろほろと崩して食べる。とろけるチーズもそれなりに雰囲気出してる。これはありだよね。玉ねぎのスライスが厚くて煮込み時間が足りなかったせいかちょっと硬かったかなあ。

 とまれ、食べて満足したんだけど、それはスープじゃなかった。

タグ:駄食





Comment(0) | TrackBack(0) | foods

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。