日沖発のインテリジェンス

sports 】 2009 / 09 / 12
 ぼくはもっぱらテレビで総合格闘技を見続けているのだけれど、あまり会場に足を運ぼうという気にはならない。これは総合格闘技だけでなく、他のスポーツでも音楽でも映画でも舞台でもそうなのだけれど。美術だけは、ときおり見に行くが、なんだかお付き合いであったりアリバイづくりであったり失われた何かへの服喪のような感じであったりもする。

 一方、雑誌は割とこまめに購入して目を通していたりする。一定の期間、一つの雑誌を読み続けることは、生きていく上でとても有意義なことじゃないかと思う。特に人に焦点をあてた雑誌。

 個人的に印象に残っている雑誌、というのががいくつかある。確か中学生時代に定期購読していた「リーダーズダイジェスト日本語版」。ぼくはこの雑誌でアメリカズカップ(世界最高峰のヨットレース)とホルヘ・ルイス・ボルヘス(ラテンアメリカ文学を代表する作家の一人)のことを知った。オウム事件と連動しつつ爆笑問題やと学会の連載コラムまでをカバーした多面性で90年代とその前後を捉えていた「宝島30」。世界最高峰の総合格闘技イベントPRIDEとともに巨大化していった山口日昇(現ハッスルエンターテインメント代表取締役)が編集長時代の「紙のプロレスRADICAL」。モノを様々な切り口から集積し一覧させる誌面構成でデザインの差異を鮮やかに浮き彫りにしてみせた「RealDesign」(しかし創刊から1年ほど経たあたりでぼくにとっては魅力がなくなった。毎年すばらしいプロダクトが次々に世に送り出されるわけもなく、次第に誌面には以前見たものが並ぶようになったからだ)。その他その他。

 そして今ぼくは、「ゴング格闘技」を毎月読むのが楽しみでならない。

 「ゴング格闘技」の面白さはいったいどういうことなんだろう、と頭のすみに疑問を浮かべながらも毎月わっしわっしと読んでいたのだけれども、おそらく、<世界の中の日本>を意識した上で国際共通語のMMA(Mixed Martial Arts)に迫ろうとする送り手の意識の高さにあるような気がする。
 国内の大手プロモーション(K-1/Dream/戦極)を中心に、修斗、DEEP、CageForce、ZSTなどの中小イベント、柔道、空手その他の格闘技まで幅広く取り扱いつつ、アメリカ、ブラジル、オランダ等の格闘大国の動向を拾い上げることで世界とリンクしたMMAの今を切り取ることが一つの軸としてあり、もう一方で、マッチメイク、人、なんでもありの競技においてクロスオーバーする技術にフォーカスしたインタビューや取材から、ときにその師弟関係や技術の進展といった歴史的背景にまで踏み込む奥行きが、今をより豊かなものにしてくれるのだ。

 テレビの枠の中に切り取られ、もっともらしい紋切り型の中に押し込められた一つのカードの中にある豊かなものをいかにして取り出し、読者に送り届けるか、という一点において、「ゴング格闘技」の真摯な仕事ぶりには瞠目するほかない。

 で、「ゴング格闘技」を読むうちに、試合を一度も見たことがないのに妙に気になる存在としてひっかかってきたのが、日沖発だった。


 日沖発は1983年生まれの26歳。ブラジリアン柔術をベースに修斗に参戦、2002年修斗でプロデビュー。カナダのマイナープロモーションTKOでフェザー級王座を獲得。
 今年は戦極フェザー級グランプリに参戦し優勝候補の筆頭として1回戦、2回戦を順当に勝ち上がった。しかし1日2試合となる戦極 〜第九陣〜の準決勝、金原正徳戦を3-0の判定で勝利しながらドクターストップにより決勝のリングに立てず、王座を逃している(代わりに決勝に上がった金原がチャンピオンの座についた)。

 試合前のコメントもごく普通で、金原には誌面を通じて「イベントを盛り上げようという意識がない」とつっかけられた。たぶん、入場パフォーマンスが派手なわけでもない。試合を見ていないので本当に強いのかどうかもよくわからない。写真を見てもごく普通の青年。

 しかし、彼のインタビューを何度か目にするうちに驚かざるを得なかった。
 そこには、ビックイベントに向けての意気込みやキャッチーな言葉は一切ない。しかし、驚くほど精緻にMMAの技術体系を捉え、それを言語化しているのだ。およそ現役のアスリートで、これほどまでに客観的に自らのスポーツを言語化している例を、寡聞ながらぼくはしらない。

 5月末発売の「ゴング格闘技」2009年7月号では北米の軽量級のトップコンテンダー何人かについて語るロングインタビューが掲載されているが、例えば新興プロモーションのベラトールFCに参戦したウィルソン・ヘイスという選手についてこう語っている。
「マイア(注:デミアン・マイア。アメリカUFCで5連続一本勝ちをおさめMMA最強の柔術家と呼ばれている)のような完成度の高さはないですよね。彼の域に達していないからこそ、サイドやハーフで脇を差していると立たれやすいので、ガードの中に戻るという試合の進め方は理解できるんですが、それなのにヘイスは立たれすぎだと思います」
「あの試合(注:ベラトールFCフェザー級トーナメント準決勝でジョー・ソトに敗れた)では、ずっとスタンドでの距離が遠かったですね。だからテイクダウンも遠い位置から飛び込んでいるので切られてしまう。そのまま距離を掴めず試合を終えてしまった感じがします。パンチもオーソからの左フックとストレートしかなくて、だからサウスポーのソトに、右ジャブがフェイントだとばれていました」

 高島学「日沖発。強さの定義、戦いの行方──」(「ゴング格闘技」2009年7月号)
 日本のMMAがリング中心で、試合がグラウンドで膠着した際にはレフェリーが切って両者を立たせる展開が多いのに対し、金網中心の北米ではレフェリーは試合を止めて立たせることがなく、テイクダウンの技術とあわせてグラウンドで下になった時いかに立ち上がるかの技術でが進歩しているといわれる。そうした流れの中で、日沖は極めを持たない選手が立って寝てを繰り返す展開に異議を挟む中でヘイスのほか、レオナルド・ガルシア、ユライア・フェイバー、マイク・ブラウン、ジョゼ・アルドといった選手を語りつつ、相手をコントロールすることの重要性を強調している。

 そして、準決勝で判定勝ちをおさめながら決勝のリングに立つことができなかった戦極フェザー級GP後のインタビューでは、金原戦を振り返って踏み込んだところまで語っているのが興味深い。
「インターネットで流れている僕の試合の映像では、タックルでテイクダウンを奪うものが流れていないと思うし、四つのイメージが強いと思って。金原選手も、僕との試合のために、四つを研究していると思ったから、組ませないようにしてくるかと思ったんです。それでタックルを試合で選択したんです」
「でも、僕の中で理想のテイクダウンは四つなんです。その次がタックル。それはなぜかというと、今のMMAって立ち際の攻防が多いじゃないですか? 四つで倒すと、その瞬間に相手の上半身を抑えているから相手に立たれることはないんですよ。でも、タックルだと基本的には下半身しか制していないんで、相手に上体を起こして立てる手段を与えてしまう」

 湯浅亮「日沖発 トーナメントで知った強さと弱さと」(「ゴング格闘技プラス」)
 これだけでなく、引きたい言葉は他にもいくつもあった。ここまで詳細に語ってしまっていいのか、と思う。彼はまだ現役でこれからも戦い続けていく人間なのだ。にも関わらず、外から見ている者にはわからないディテールの機微を、あえて語る。

 そこにはおそらく、「ゴング格闘技」の『MMAは単に二人の人間が暴力を振るいあうものではなく、ルールに基づいて行われる極めてテクニカルな競技なのだ』という思想があり、いかにして選手から、関係者から、その思想を裏付ける言葉を引き出すかという情熱がある。
 そして日沖発には、自らが取り組む競技のディテールを具体的な言葉に置き換えるだけのインテリジェンスがあり、見る者とそれを共有することでこのジャンルの発展を願う意志があるのだろう。ぼくはおそらく、自分の仕事についてここまでシンプルにそのディテールを語りえない。彼の強さよりも、むしろそのインテリジェンスに、ぼくは少し嫉妬を感じる。

 日沖発の知性に触れた後に、5歳年上の五味隆典のインタビューを読むと、その言葉の空疎さ、稚拙さにため息が出る。誤解がないように書いておくが、五味は日本の総合格闘技史に残る名選手であることは疑いない。しかし彼の鮮烈な試合に比べれば、その言葉には競技の奥行きを伝えるだけの力がない。

 日沖発は、いったいこの先どんな仕事をしてくれるのだろう。そして、節目節目に、いったい何を語ってくれるのだろう。いつの日か、彼の試合をテレビで見ることができるだろうか。


タグ:MMA Magazine





Comment(0) | TrackBack(0) | sports

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。