乱麻 4/5

essay 】 2008 / 09 / 08
最近どうでもいい話を書いていない気がするので久しぶりのエントリながら流すことにする。もうタイトルからしてどうでもいい感が充満し実にほどよい感じである。ほんまかいな。

暑かった8月がいつの間にか過ぎ去って、気づけば雨また雨である。雷鳴轟き洗濯物は溜まる。涼しくなったのかと思いきやたまの晴れ間に日は強く差す。風邪を引き、夏負けし、ずいぶんウォーキングの回数が減った。SUUNTOのPC PODでデータをこのPCに転送しているのだが、7月が25回で23時間30分、12700kcalほどだったのが、8月は12回で9時間40分、4800kcalと質量ともに激減。9月もここまで3回。少し気を引き締めてまた歩きますか。


食事はそれなりに控えており、ペースは落ちてきたがさらに体重が減って、最盛期の4/5まできた。マフェトンを始めた頃の目標はすでにクリアして、修正した目標まであと少し。このままきちんと歩いていけば当初の目論見どおり11月あたりからジョギングもできるかなと思案中。はてさて。

いろいろと調子の悪い部分をすべて肥満のせいと独り決めでやってきたわけだけれど、もちろんそんなことはないのだろう。いや、まだ太ってるからそうともいえないわけだが。それでもいろいろと抱え込んでしまったもの、あるいは生来の何かに苛まれて固着する感覚を拭い切れるわけでもなく、甲斐なく麻のごとく乱れるわけだ。

ドラッカーの「チェンジリーダーの条件」を少しずつ読み進める。もっと早く読むべきだったのだろうが、いま読まなければわからなかったこともありそうだ。変化を与件としてビジネスを組み立てる必要がある。内も、外もだ。

M社長とブレスト。「欝になるかもしらんけどさ」と話を切り出され、あれこれ。そろそろステラテジックプランニングに本腰を入れねばならないようだ。気がつかないうちに大きくなりすぎた部分を少しそぎ落とし、デシジョンのスピードを上げていく方向で。知識を洗いなおさないとなあ。

乱れることは悪いことばかりではない。それは何かが動き出そうとしているからだ。戦える身体を作りながらの戦いが始まる。

タグ:diary





Comment(2) | TrackBack(0) | essay

この記事へのコメント
以下月で1万カロリーオーバーのウォーキングってすごいね。いまジムに通ってますが、比較的早歩きの状態(6.5-7Km/h)で50分、最後の10分をランニング(10Km/h)で閉めていますが、これでだいたい550Kカロリーです。1週間に3回くらい通っていますが、やせる気配はいっこうにありません・・・
Posted by じの at 2008年09月08日 10:47
じのさん:

25回だと週6日は歩かないとだめなペースか……。体重が重いので同じ距離を同程度の速度で歩いてもカロリー消費が多い気はします。あと、隔週のフットサル練習はきっちりこなすと1回で1000kcal超。

と書いて、1ヶ月ほどSUUNTO t3の体重をちゃんと修正してないことを思い出した。いかんいかん。

まあ、脂肪1kgが確か7000kcal相当だったかなので、カロリーコントロールなしじゃ一般人はやせませんな。苦笑。

10分のランニングは真ん中あたりに入れて、最後は流したほうがマフェトン的にはよさそう。詳しくは以前のエントリを参照ください。
Posted by 衰弱堂 at 2008年09月09日 00:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106179550
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。